2 ストローク 2-1 横のスイング

 

◎本質

横のスイングとは、体の動かし方です。

手を左右に広げ横にブラブラ動かすと、タケコプターのような動きになります。

この横のスイングをすることで、ボールにスピードや威力を加えることができます。

 

 

◎本質のナゼ

ナゼ、横のスイングが必要なのでしょうか。

それは、ボールを飛ばす際に、ボールを後ろから前へ押すことで

ボールにスピードが加わり、前へ飛ぶからです。

 

 

◎ちょっと説明

この横のスイングは、文字だと理解しがたいかもしれません 😐

それは、当たり前のことを小難しく表現してしまっているので、そのことで混乱してしまうからです。

 

野球でもボクシングでも、後ろから前へ押す動作は共通しています。

このメソッドでは、当たり前なので指導する必要のないことを取り上げることで、

複雑なストロークの本質を捉えます。

 

 

◎具体案

横のスイングを練習する具体案ですが、横のスイング自体はみなさんボールを飛ばすために無意識で出来ていますので、取り上げて練習することもありません。

私のレッスンでは、無意識を意識するように伝えます。

また、余談になりますが、もしボールのスピードをあげたいのであれば力を込めてボールを打つのではなく、どこに力を込めてボールを打つのかが大切だと考えます。

 

関節の運動連鎖をスムーズにすることで、効率よくボールにスピードが加わります。

足首→膝→腰→肩→肘→手首へ流れるような運動連鎖を意識してください。

 

けれど、意識することが多ければ多いほど、難しくなりますので、

腰を動かしたら、ラケットが自然と遅れて出てくる意識をもってスイングを行ってください。

でんでん太鼓のイメージです。

 

 

◎まとめ

横のスイングをすることで、ボールに威力を加えます。

当たり前をかみ砕くことで、物事の本質を捉えていきましょう 💡

 

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

1 基本

1-1 力加減

1-2 タイミング

1-3 力加減とタイミング

 

2 ストローク

2-1 横のスイング

2-2 縦のスイング

2-3 横のスイングと縦のスイング

 

3 ボレー

3-1 後ろから前のスイング

3-2 体重移動

3-3 後ろから前、上から下のスイングと体重移動

 

4 サーブ

4-1 コントロール

4-2 タイミング

4-3 コントロールとタイミング

 

5 メンタル

5-1 自分を知る

5-2 プレッシャーのかかる練習(基本)

5-3 プレッシャーのかかる練習(応用)

 

6 戦術

6-1 テニスをする

6-2 色々なプレイスタイル

6-3 真剣勝負

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。

CAPTCHA