2 ストローク 2-2 縦のスイング

 

◎本質

縦のスイングで、ボールに回転を加えましょう。

縦のスイングとは、アンパンマンがアンパンチをするときにぐるぐると手を回しますが、あの動作です。

手を前にだし、上へ上げ背中の方に回し、一周してまた正面に手は戻ってきます。

この動作によって、ボールには自然に縦回転が加わります

 

 

◎本質のナゼ

ナゼ、縦のスイングでボールに縦回転(ドライブ)を加える必要があるのでしょうか。

それは、野球のようにボールを飛ばすほど良いスポーツではなく、

コートの範囲内にボールを収める必要がありますから

ネットより低いボールがネットを超えて相手コートにワンバウンドしなければいけない場合

回転を加えてボールを落とす必要があるからです。

 

 

◎ちょっと小話

つまり、極端なことを言えばネットより高いボールには回転を加える必要はありません。
これは本質から言えばの話ですので、

じゃぁ、ネットより高いボールに回転を加えることは悪い。という極端な考え方ではなく状況に合わせて対処してください。

 

あと簡単に補足説明をします。テニスを始めたばかりの人にとって、わからないカタカナが多く存在します。

ストロークとは、ワンバウンドしたボールを返球することだと思ってください。

また、ボールに回転を加えることで変化球を打つことができます。

 

ストロークで用いられる一般的な回転は2種類で

縦回転(ドライブ)

・・・トップスピンとも表記されますが、違いはよくわからず、そこはまぁなんでもいいと考えています。縦回転を加えることでボールが落下します。

逆回転(スライス)

・・・逆回転を加えることで、ボールがスーっと伸びます。スライスは初心者にとって難しく、逆回転を加えながらボールを押す感覚を養う必要があります。

 

◎具体案

縦回転を意識する具体案は、ボールを前に転がすことです。

すると、回転しながらボールが前にコロコロと転がります。

その感覚で、ボールに縦回転を加える意識を養います。

注意点としては、肩ではなく手首を使って転がす感覚をお持ちください。

 

◎まとめ

縦のスイングで、ボールに回転をかけます。

縦の幅が大きいほど、ボールに回転が加わります。

ラケットの握り方によって、加わる量が変わりますので、ご自身にあったスイングを見つける材料にしていただければと思います 😛

 

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

1 基本

1-1 力加減

1-2 タイミング

1-3 力加減とタイミング

 

2 ストローク

2-1 横のスイング

2-2 縦のスイング

2-3 横のスイングと縦のスイング

 

3 ボレー

3-1 後ろから前のスイング

3-2 体重移動

3-3 後ろから前、上から下のスイングと体重移動

 

4 サーブ

4-1 コントロール

4-2 タイミング

4-3 コントロールとタイミング

 

5 メンタル

5-1 自分を知る

5-2 プレッシャーのかかる練習(基本)

5-3 プレッシャーのかかる練習(応用)

 

6 戦術

6-1 テニスをする

6-2 色々なプレイスタイル

6-3 真剣勝負

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください