3 ボレー 3-1 後ろから前のスイングと上から下のスイング

 

◎本質
ここでは、ノーバウンドで打ち返すことをボレーだと定義します。

それを踏まえ、ボレーとは

後ろから前にボールを押す動作と上から下にボールを叩く動作

の割合だと考えています。

 

◎本質のナゼ
では、ナゼその2点がボレーの本質なのでしょうか。

それは、テニスではネットを超えて返球しないと失点してしまうからです。

ネットより低いボールを打ち返すには、後ろから前に押して、ボールを持ち上げます。

ネットより高いボール を打ち返すには、上から下に叩いて、ボールをコート内に収めます。

 

◎ちょっと説明

では、これら2点の動作について詳しく説明していきます。

後ろから前に押す動作というのは、ラケットを持って立った状態から、ラケットを正面へ押し上げる動きです。もちろんこの際に、加えたい情報があります。その加えたい情報こそ、普段コーチや雑誌に書かれているテクニックなので、そこは上手な方にお任せします。

上から下に叩く動作というのは、ラケットを持って立った状態から、ラケットをまず上に持ち上げます。このラケットが上にある状態こそ、上から下にの上です。てのひらの向きは相手コートに向けてなど情報を加えたくなります。上にあるラケットを正面、胸の位置あたりまで下へ叩く動き。これが上から下へ叩く動作です。

 

◎具体案

2つの動作を練習する具体案は、普段できる内容です。

それは後ろから前と上から下の両端を意識して、ボレーをすることです。

例えば、ボールがネットに引っかかった場合、上から下の割合が高かったことになります。

例えば、ボールがアウトしてしまった場合、後ろから前の割合が高かったことになります。

状況に合わせて割合を判断していく。これを積み重ねることが経験値となり体へ染み込んでいきます。

 

私のレッスンでは、

①ローボレー(後ろから前100:0上から下)

②ミドルボレー(肩口のボレー)(後ろから前50:50上から下)

③ハイボレー(後ろから前0:100上から下)

であるとし、この割合を感覚的に捉えていただくため

①「ス~っと送るように打ちます」

②「パァンと当ててス~っと送るように打ちます」

③「パァンと叩くように打ちます」

と、説明しています。これで理解できるのかは、個人差がありますので、本質をかみ砕いて、みなさまなりにアレンジしてください。

 

◎まとめ

ボレーの本質は、後ろから前に打つ動作と上から下に叩く動作であると私は考えています。

この2点の両端を掴み、状況に合わせた割合を考え、経験値を積んでいく作業を行ってください。

ただ、疑問も残ります。

それは、③ハイボレー(後ろから前0:100上から下)です。

なぜなら、この言い方では打点から真下へボールを打つということになります。

それでは、ボールはネットにかかってしまいます。

それでいいんです。

それでいい理由は、3-2 体重移動 をご覧になってください。

 

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

1 基本

1-1 力加減

1-2 タイミング

1-3 力加減とタイミング

 

2 ストローク

2-1 横のスイング

2-2 縦のスイング

2-3 横のスイングと縦のスイング

 

3 ボレー

3-1 後ろから前のスイング

3-2 体重移動

3-3 後ろから前、上から下のスイングと体重移動

 

4 サーブ

4-1 コントロール

4-2 タイミング

4-3 コントロールとタイミング

 

5 メンタル

5-1 自分を知る

5-2 プレッシャーのかかる練習(基本)

5-3 プレッシャーのかかる練習(応用)

 

6 戦術

6-1 テニスをする

6-2 色々なプレイスタイル

6-3 真剣勝負

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。

CAPTCHA