4 サーブ 4-2 タイミング

 

◎本質

サーブの本質として、次に挙げることは、タイミングです。

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、タイミングが重要になってくるのでしょうか。

これは、コントロールの話です。それほど、コントロールは大切です。

なぜなら絶対的に変えられないルールに沿って物事を考える事が一番理にかなっているからです。

 

◎ちょっと説明

しかし、コントロールの向上を意識していても、なかなか精度はあがりません。

これは、直感型の人間がうらやましく感じる部分でもありますが

意識的な動作よりも、無意識的な動作の方が、スムーズなんです。

メリットとデメリットでいうと

意識的な動作は、動きがぎこちないですが、ミスは少ないです。

無意識的な動作は、動きがスムーズですが、ミスの可能性があります。

最も得策は、意識的であり無意識的な動作を心がけることです。

 

◎具体案

意識的であり無意識的な動作とは一体なにを指すのでしょうか。

それは、コツコツ積み上げるということです。

意識的な練習を繰り返し、無意識下に落とし込んでいく。その作業を繰り返すことです。

それは、全体的な練習の話に応用できますが

ことサーブに関しては、タイミングで多くの物事が解決します。

「チャーシュー麺」

基本でも語りました。リズムにあわせて動くことで、無意識に精度の高いスムーズな動作を行うことができます。

自分にあったサーブのタイミングを見つけてみてください。

 

◎まとめ

ここでは、意識と無意識の話を軸に、サーブにおけるタイミングの重要性を語りました。

その中で、意識的であり無意識的な動作をすべきだと言いました。

これはキャッチボールの際、コントロールを意識しながらチャーシュー麺で投げる

ということです。

コントロール一点に意識を置き、あとの動作は無意識に処理させます。

人間の身体はすごいものです。

コントロールを意識して投げる

だけで、コントロールが向上する投げ方に変わります。

人体すごいんです。

ぜひ、力を抜いて、練習に励んでください。

 

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

1 基本

1-1 力加減

1-2 タイミング

1-3 力加減とタイミング

 

2 ストローク

2-1 横のスイング

2-2 縦のスイング

2-3 横のスイングと縦のスイング

 

3 ボレー

3-1 後ろから前のスイング

3-2 体重移動

3-3 後ろから前、上から下のスイングと体重移動

 

4 サーブ

4-1 コントロール

4-2 タイミング

4-3 コントロールとタイミング

 

5 メンタル

5-1 自分を知る

5-2 プレッシャーのかかる練習(基本)

5-3 プレッシャーのかかる練習(応用)

 

6 戦術

6-1 テニスをする

6-2 色々なプレイスタイル

6-3 真剣勝負

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。

CAPTCHA