4 サーブ 4-2 タイミング

 

◎本質

サーブの本質として、次に挙げることは、タイミングです。

 

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、タイミングが重要になってくるのでしょうか。

タイミングを取ってコントロールと安定感を高めます。それほど、コントロールは大切です。

なぜなら絶対的に変えられないルールに沿って物事を考える事が一番理にかなっているからです。

 

 

◎ちょっと説明

しかし、コントロールの向上を意識していても、なかなか精度はあがりません

これは、直感型の人間がうらやましく感じる部分でもありますが

意識的な動作よりも、無意識的な動作の方が、スムーズなんです。

 

メリットとデメリットでいうと

意識的な動作は、動きがぎこちないですが、ミスは少ないです。

無意識的な動作は、動きがスムーズですが、ミスの可能性があります。

最も得策は、意識的であり無意識的な動作を心がけることです 😮

 

追記(2018/07/16):追記を4-1にて詳しく記載しましたので、良ければご覧ください。ここでは、縦のスイングについて詳しく記します。ストロークにおいて縦のスイングは、ドライブをかける動作でした。抽象的な表現ですが、上から下へ肩を回す動作です。サーブでは逆で、下から上へ肩を回す動作になります。もちろん、下から上でピタッと止めるわけではありません。いつものスイングをやぎ風に簡単に言うと、上から下なのです。

この動作においてポイントとなるのは、手首です。

なぜかというと、テニスにおいて力が入るというのは、握力であると言っても過言ではありません。

これもなぜかというと、手のひらは大変敏感で器用であるからです。上手くお話できていませんが、これを否定する方はいらっしゃないと思います。

詳しく知りたい方は、「ホムンクルス人形」と検索してみてください。

 

力が入る→手首が曲がらない→ボールを自然に叩けない

悪循環です。試しに手首を曲げずにボールを下に叩きつけるようサーブしてみてください。(スネを打たないように注意←腰を回さないとあたります)

余分な力が加わっていませんか(肩とか)?トスが前の方へ飛んでいませんか?

いずれにせよ不自然です。

 

ムチが基本ですから、縦のスイングを意識をするときは、力の入れすぎに気を付けてください。(脱力によるラケットのすっぽ抜けにも注意←極端すぎ!!!)

 

極端すぎ!!!が実はやぎメソッドのポイントでして、やはり物事は割合なのです。

人間は極端に考える生き物であるから仕方がありませんが(なるべく考えないよう脳ができているから)

一長一短ですから、割合をとる。

そして、自分で割合を選ぶ。

厳しい言い方かも知れません、自分の責任は自分でとる。(このブログの責任は私が取りますから、何かあれば問い合わせてください)

これを胸にしまっておいてください。

 

 

◎具体案

意識的であり無意識的な動作とは一体なにを指すのでしょうか。

それは、コツコツ積み上げるということです。

 

意識的な練習を繰り返し、無意識下に落とし込んでいく。その作業を繰り返すことです。

それは、全体的な練習の話に応用できますが

ことサーブに関しては、タイミングで多くの物事が解決します。

 

「チャーシュー麺」

基本でも語りました。リズムにあわせて動くことで、無意識に精度の高いスムーズな動作を行うことができます。

自分にあったサーブのタイミングを見つけてみてください 😳

 

 

追記(2018/07/16):縦のスイングの練習は、自陣でワンバウンドさせたボールをネットにかからず相手コートへ打つことです。カンタンなので、やってみてください。

・・・スネ注意 🙄

 

◎まとめ

ここでは、意識と無意識の話を軸に、サーブにおけるタイミングの重要性を語りました。

その中で、意識的であり無意識的な動作をすべきだと言いました。

 

これはキャッチボールの際、コントロールを意識しながらチャーシュー麺で投げる

ということです。

コントロール一点に意識を置き、あとの動作は無意識に処理させます。

 

人間の身体はすごいものです。

コントロールを意識して投げる

だけで、コントロールが向上する投げ方に変わります。

 

人体すごいんです。

ぜひ、力を抜いて、練習に励んでください。

 

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

1 基本

1-1 力加減

1-2 タイミング

1-3 力加減とタイミング

 

2 ストローク

2-1 横のスイング

2-2 縦のスイング

2-3 横のスイングと縦のスイング

 

3 ボレー

3-1 後ろから前のスイング

3-2 体重移動

3-3 後ろから前、上から下のスイングと体重移動

 

4 サーブ

4-1 コントロール

4-2 タイミング

4-3 コントロールとタイミング

 

5 メンタル

5-1 自分を知る

5-2 プレッシャーのかかる練習(基本)

5-3 プレッシャーのかかる練習(応用)

 

6 戦術

6-1 テニスをする

6-2 色々なプレイスタイル

6-3 真剣勝負

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください