テニス初心者が陥るメンタルの問題を解決できるかもしれない話

テニス初心者のメンタルについての話

かつてやぎメソッドは現在の物に2つプラスして6章ありました。

基本→ストローク→ボレー→サーブ(→メンタル→戦術)

です。

しかし、やぎメソッドを洗練させるため、以下2つの項目を外しました。

せっかく書いた記事なので、「ちょっとした話」のカテゴリーに投下しました。

もしかしたら参考になることもあるかもしれませんので、よければ引き続きご覧ください。

 

メンタル①

◎本質

メンタルを考える上で大切なことは自分を知ることです。

まず今後のため、お話させていただきたいことは

5-1~3から、6-1~3は、本質というよりも具体的なお話や練習法がメインになることです。

 

やぎメソッドは”テニスの本質”を掴んだメソッドではなく、”初心者が上達する本質”を言っているメソッドです。それをご理解ください 🙂

 

◎本質のナゼ

では、ナゼ自分を知ることが大切なのでしょう

それは、出来ることと出来ないことがあるからです。

よくあるパターンが、出来ないことを出来ると思ってしまうことです。

 

例えば、テスト前夜、眠気に勝てず明日の朝勉強しようと誓いますが、なぜか目覚まし時計は起こしてくれず、勉強できずじまい。

これは、私の実体験です。無意識に目覚まし時計を止めていた記憶などございません。

自分を知るとは、自分が満ち足りる睡眠時間を知るということです。

 

7時間睡眠がちょうど良いとすれば、5時間睡眠では足りません。

サーブに自信がないとすれば、試合で急にサーブが上手くなるはずはありません。

 

「なぜ負けたかわからない」

そのイライラは態度に出てしまいます。

自分を知り、原因を知ることで、自分の軸を作り、メンタルの落としどころを探りましょう。

 

 

◎ちょっと小話

私は、練習が上手く試合に弱いタイプでした。

今は、練習も試合も出ていませんので、わかりません笑

 

ただ、自分なりのテニス道を見出してから言えることは

なるようにしかならない

ということです。

練習で実践のような意識を持ち、練習できていたら

私の実績はもっと良かったかもしれません。

 

けれど、その経験があったので、今メンタルの重要性が分かるということは

良いことだったのか悪いことだったのか・・・

試合に出たいですね。

もし、試合に出て気分が良ければこのブログに記録を残しますね 😈

 

 

◎具体案

自分を知る具体案は、先ほども少し述べていますが記録を取ることです。

球出し練習でも、10球中何球狙った場所に入ったのかを記録に取れば、成功体験としても練習になると思います。

 

基本的に私のメソッド内では球出し練習は必要ありませんので、なんとも説得力に欠けてしまいます。

本質を言えば、対人スポーツなので、ラリーなどの練習を重要視しています。

 

 

◎まとめ

メンタルの本質は、自分を知ることです。自分の出来ることと出来ないことを知ることです。

面倒ですが、記録を取ってください。データを取ってください。

なるべく面倒を減らすよう、記録できる方法を簡潔にしてください。

 

ベッドに手帳を持ち込んだり、スマホというデバイスは最強です。

出来ることを理解し、出来ないことを出来るように 💡

 

メンタル②

◎本質

メンタルの本質は、自分を知ることです。

それを試合で活かすために、プレッシャーのかかる練習(基本)をしましょう。

 

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、その必要があるのか。

理由は、試合だと緊張してしまうからです。

 

 

◎ちょっと説明

試合で緊張してしまうとどうなるのか。

練習の時間が無駄になります。

もし緊張して肩が上がってしまうとしたら

その分、フォームが乱れます。

 

 

◎具体案

プレッシャーのかかる練習(基本)として、よく行われるのが罰ゲーム込みの球出し練習です。

私は、この練習に否定的です。

なぜなら、この練習での最善はミスなくすべてを成功させることです。

 

テニスは無失点で勝たないといけないスポーツなのでしょうか。

 

積み重ねの結果であるテニスの勝敗。

もちろん個人によって考え方は変わりますが、私は

目の前の試合を全力で勝つのではなく

目の前の試合を最小のリスクで勝つ

ことが、大切だと考えます 😎

 

そのためには、落とすべきところは失点しても良いと思います。

全て100%ではなく

取るべき場面で100%を出すテニス。

そして、相手に感謝を100%示すテニス。

それが理想です。

 

その具体案として、ポイント練習がおすすめです。

15-30からのポイント練習や

40-30からのポイント練習など

落とせない場面、落とせないシーン、落とせるパターンを

経験値として積み重ねていきます。

 

 

◎まとめ

プレッシャーのかかる練習(基本)として

ポイントを落とすべきところと

ポイントを落とさない絶対的な場面を覚える

ことが大切であると述べました。

 

もし、相手がミスの無い選手であれば、

ポイントを落とさない絶対的な場面が多いことを覚悟しましょう。

 

メンタル③

◎本質

メンタルの本質は、自分を知ることであり

それを試合で活かすには、自分の強味を利用し、自分の弱みを補うことです。

そのためにも、プレッシャーのかかる練習(応用)を行いましょう。

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、(基本)だけではなく(応用)まで重要になってくるのか

それは、強いメンタルが求められる少数スポーツのテニスにとって、どれだけ負けられないかが勝負の別れ目になることがあるからです。

 

◎ちょっと説明

初心者向けのメソッドでありながら、大それた話をしますが

私は、部活動で行っていたテニスによって、大変成長させてもらいました。

友達もそうですし、考え方もそうですし、このブログを立ちあげることが今もテニスのお世話になっている証明です。

 

テニスを始める動機は様々ですが、テニスから得れるものは、みな平等です。

だからこそ、大それた具体案を述べさせてください。

 

 

◎具体案

具体案は、”なぜ今テニスをしているのか”を考え、”なぜ今テニスができているのか”を考えることです。

今テニスをしている理由は、単純ですが

今テニスができている理由は、様々な繋がりを思い出させます

その繋がりの大きさ、背負うべきものを考えながら行うテニスもまた格別です。

 

その意識で行うポイントゲームはなかなか練習になります。

40-0から始まるゲームです。

勝って当たり前

負けて当たり前

だった世界が

勝ち切る強さ

粘り切る強さ

の世界へ変貌を遂げます。

 

◎まとめ

分かりやすく言えば、代表の責任を背負って戦う人のメンタリティを学ぶことです。

そこまでしなければいけない理由は、テニスから様々なことを吸収していただきたいからです。

良いことも悪いことも

好きなことも悪いことも

スポーツは、自分の素を表現できるものです 😯

ぜひ。

 

 

 

 

 

 

以上、どうだったでしょうか。

生涯スポーツとしてのテニスと割り切ったためか、メンタルと戦術は外したんでしょうね。

テニス初心者の方にとっては、試合とか出てないしよくわからないと感じた内容かもしれません。

ただ、目標があると練習の質が変わることが多々あります。

 

これを機に試合にでてみてはいかがでしょうか?

 

ついでに戦術のページも貼っておくので、時間があればどうぞ。

 

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。
  • コメント: 0

関連記事

  1. テニスの脱力を述べさせていただきます

    テニスにおける脱力について改めて述べたいのです。

  2. テニスの参考になったもの

    別のブログで書いた記事を転載します

  3. テニス初心者が知っておきたい柔軟の心得とはなんぞや

    テニス初心者へ届けたい柔軟の心得とは~ライター身体固いけどね編~

  4. テニスと身体のお話

    テニスと身体

  5. 『テニス初心者あるある』人数少ないとジゴク

    テニス初心者あるある13選~シェフの気まぐれ改善策を夏の薫りに添えて~

  6. テニス初心者でも大丈夫な、運動神経についてのお話

    テニス初心者さん諦めないで!運動神経についてのお話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌の天気

  • 今日

    晴れ

    晴れ

    15℃ / --℃

  • 明日

    曇のち雨

    曇のち雨

    13℃ / 7℃

  • --℃ / --℃

東京の天気

  • 今日

    雨時々曇

    雨時々曇

    17℃ / --℃

  • 明日

    雨のち曇

    雨のち曇

    25℃ / 15℃

  • --℃ / --℃

久留米の天気

  • 今日

    雨

    21℃ / --℃

  • 明日

    曇時々雨

    曇時々雨

    24℃ / 19℃

  • --℃ / --℃

閲覧数

  • 462月別訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 49昨日の訪問者数:
  • 6588総訪問者数:
  1. 【2019年版】テニス初心者はサーブに悩む?3つのコツで、ダブルフォ…

    2019.10.16

  2. テニスのSEOとかWEBのお話

    先ほど知った言葉の真意を図り、今自分に活用できるかどうか思考す…

    2019.10.10

  3. 「テニス教えてよ」と言われた時の最適な教え方やアドバイス法

    テニス初心者へのアドバイスはたった”一言”でいい。嫌われないテニ…

    2019.10.08

  4. ひさびさにテニスできる

    2019.10.08

  5. 驕れ、テニス丸高校!の青春テニス小説

    【第3話】須斗郎久歩令、衝突

    2019.10.01

  6. テニスの参考になったもの

    別のブログで書いた記事を転載します

    2019.09.30

  7. やぎテニス9月の順位結果

    【順位報告】2019年9/1~9/30の検索順位報告~ココナラミーツプレオ…

    2019.09.30

  8. テニス初心者が知っておきたいレベルの話

    テニス初心者は知らない?3つのレベルに気付けば戦略が変わりやす

    2019.09.28

  9. テニスのSEOとかWEBのお話

    ブログ記事のデザインや書き方を参考サイトをみながらあのやぎが語…

    2019.09.19

  10. テニスのSEOとかWEBのお話

    テニススクールの未来、将来性について考察してみました。

    2019.09.14

やぎのツイッター