戦術編②

やぎメソッドを洗練させるために

以前メソッドに加えていた物を普通の記事として投稿することにしました。

以下どうぞ。

 

◎本質

戦術の本質は、テニスをすることです。

しかし、それだけでは勝ちきれない相手が出てきます。

 

なぜなら、基本である土台の差がじわじわと露呈してくるからです。

そのような時には”色々なプレイスタイル”で戦う相手への攻略法を使いましょう。

 

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、色々なプレイスタイルの相手と戦う相手への攻略法が必要になるのでしょう

それは、色々なプレイスタイルの相手と戦うことになるからです。

 

 

◎ちょっと小話

私が今まで戦った中で、一番感動したのは

完璧なサーブアンドボレーヤーです。

もはや、趣味の域ではありましたが

男は、そのようなまっすぐな職人をカッコいい 😈 と思うじゃないですか

 

私は、

相手に合わせて戦い方を変えるという端と

ストローク力とボール観を活かしてじわじわと責める趣味という端の

両端を駆使するプレイスタイルが理想です。

じわじわと責めるという辺りが、性格を表していますね。

試合には負けました 🙄

 

 

◎具体案

小話にて、まっすぐな職人技を紹介しました。

そうしろというわけでも、色々なプレイスタイルをしろというわけでもなく

あえて、しろ!と言うのであれば、あなたの軸5:5色々なプレイスタイル

を言います。

 

あなたの軸の弱点を補う攻略法をぜひ編み出してください。

 

 

◎まとめ

戦術のまとめとして記述すべきことは

あなたらしさを根底に、あなたらしい戦術を構築していくことです。

例えば、ボレーが得意であればどのようなオリジナル戦術が考えれるでしょうか

もし私なら、サーブの練習は必ずしますね。

それはありきたりか・・・

 

ボレーヤーにとって嫌なことは前に出れないことですから

前に出させてくれない相手には、攻撃的なスライスを展開します。

やってはいけないことは、そのスライスを防御として多用しないことです。

自信のあるスライスを、逆にボレーで返されたら自信を喪失します。

 

また、前のポジショニングに居たいので、ライジングショットも練習します。

それを利用し、深いショットを狙われた場合は我慢です。

もし相手のショットが、少しでも浅ければ、攻め込みますかね。

このように戦術を考える時間は楽しいものです 😎

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. テニスにおける回内のお話

  2. メンタル編①

  3. 2019/新年あけましておめでとうございます。

  4. やぎテニス

    HP完成!!!

  5. テニスの膝痛い事件

    膝の痛み事件

  6. 戦術編①

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご訪問者様数

  • 3123総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 217月別訪問者数:
  1. テニスの脱力を述べさせていただきます

    テニスにおける脱力について改めて述べたいのです。

    2019.06.08

  2. 2019/新年あけましておめでとうございます。

    2019.01.14

  3. テニスのショートラリーで意識して頂きたいお話です。

    2018.12.02

  4. 【テニスの質問#6】テニスのストロークでがしゃります。

    2018.11.25

  5. 【テニスの質問#5】テニスのストロークを安定させるには?

    2018.11.23

  6. 【テニスの質問#4】ドロップショットはどう打つの?

    2018.11.13

  7. 【テニスの質問#3】テニス スライスの打ち方

    2018.11.11

  8. A/Bテスト中してみました

    2018.11.11

  9. 【テニスの質問#2】バックハンドで悩んでいます。

    2018.11.10

  10. 【テニスの質問#1】テニスが全く上達しなくて悩んでいます。

    2018.11.03

500円のワンコインでテニスのアドバイス♪