【テニスの質問#2】バックハンドで悩んでいます。

テニスの質問にお答えアドバイスの巻

こんにちは

今日もいい天気ですね~やぎです 😎

 

今日はこんなお便りをいただきました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――――――――

 

テニスのバックハンドで今更悩んでいます。
今まで、片手バックハンドでしのいできました。しかし、多くの片手バックハンド使いの方が言われるように、トップスピンが安定しません。

~中略~
厚く握るのがポイント、というアドバイスもあり少しやってみましたが、ネットにかかります。。
片手バックのトップスピンの上達に向けて、何か技術的な、又は感覚的なコツのようなものがあれば、ご教授頂けませんでしょうか。
それとも両手バックに挑戦した方が早いでしょうか??
迷える子羊にアドバイスを!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー―――――――

 

はい。というわけで、テニスの質問にお答えするコーナー第2弾ですねぇ

出来れば100まで行きたいと考えてます。

週1で更新したら月で4つ。

12×4=48

48×2年=96

 

・・・ではいきましょう!!!笑

 

 

そしてこの質問はやぎにあてられたものではなく

やほお知恵袋さんからいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも片手バックハンドとは

そもそも片手バックハンドとはなんでしょうか

簡単に説明しましょう。

 

一般的なスクールでは両手バックハンドを教えられます。

それは、両手の方が安定するからですね

 

そう、片手は安定感に欠けます。

 

この理由をやぎが考えるに

片手のバックハンドは、てのひらで打球を受ける感覚が薄れるからです。

 

てのひらには感覚をつかさどる感じの機能がたくさんあるらしいのです

 

その証拠に手のひらには毛がはえません。

 

 

 

 

「いやいや、グリップの持ち方にもよるけど、両手もそんなに変わらないんじゃない?」

 

両手のバックハンドを打つときのコツは

”利き腕ではない方を主導させて打つ”ことです

 

右利きであれば

左の手のひらでパーンと当てる

左利きであれば

右の手のひらでパーンと受ける

 

・・・そしたら片手のメリットって?

それは、やぎが考えるに

・リーチの長さ

・軸の安定

です。

 

・リーチの長さ

→両手で「まえにならえ」したときと、片手で「まえにならえ」したとき、片手だと肩分もうすこし前に突っ込めると思います。その分だけリーチが長いですね。疑問に残る人は、素振りしてみてください。あとスライスとトップスピンがばれにくいみたいなこともありますかね

まぁ全部じゃなくて、大体で答えます

 

・軸の安定

→これは、人によって意見が異なると思います。

なぜなら片手の方がリーチが長い分、遠心力がかかり、軸がぶれやすくなるという意見も間違っていないからです。

それでもわたしが軸の安定を語るのは、片手バックハンドのコツにあります。

(ちなみにやぎは両手です)

やぎが考える片手バックハンドのコツは

”背中の筋肉を使う”

ことにあります。

 

身体の使い方を学ぼう的な記事で少し話しましたが

身体の構造を知って、逆算できれば、動作は細分化できます。

 

身体の構造を知って、というのも日常で体を意識すればいいだけです。

 

歩行時においてポケットに手を入れていたら肩が前に出ないので

右肩が前に出なかったら左の腰(?)の可動域が狭まって

左足も前に出ないつまり全体的な歩幅が小さくなる

そもそも腕の振りと骨盤の動作をバランスよく取り持って

楽な歩行を実現していることから

歩幅が狭まるということは、どこかでブレーキをかけている

その分(微々たるものだが)、身体が緊張・疲労してしまう。

 

こんな感じです。

で、あれば

片手のバックハンドも

胸筋の収縮と胸筋の伸長

背筋の伸長と背筋の収縮

であの打球が完成すると考えられます

 

収縮時にパワーが発揮されますので

片手バックハンドのコツ(動力)は、背筋になるのです。

 

背筋が収縮されれば、胸筋が伸長します

すると、背筋が伸びるというか

身体の軸が中心に来ますよね

 

逆に両手だと

右利きであれば

左の胸筋を収縮させることになります

すると左手が右肩の方へ抜けることで

体の軸はバランスを取ろうと左へ向かいます

 

体幹次第ですが

 

そして走らされながら打つボールをイメージしながら記事を書いていますが

 

ただ、両手上述していますが走らされながら打つボールの話なので

通常のボールであれば

両手の方が安定感はあるかと思います。

リーチが短いので。

 

あれ、これ何の話でしたっけ。

 

そもそも片手バックハンドとはでした

片手バックハンドをする最大のメリットは、かっこいいことに尽きます!!!!

 

 

 

片手バックハンドでトップスピンをかけるには

やぎ的にいうと

トップスピン(ドライブ)は、縦のスイングになりますので

こちらの記事をごらんください。

 

気を付けてもらいたいポイントは、手首です。

人は握力を使いがちです

ぎゅっとにぎると

手首の可動域を損ないます。

ふわふわでいきましょう

ボールが当たったらその分だけ力出ますので

それで大丈夫です 😛

 

 

 

 

結局片手バックハンドと両手バックハンドはどっちがいいの?

両手です!

 

なぜならストレッチしないからです。

いやほんとに。

 

両手バックのやぎですら

右腕と左腕の大きさが全く違います。

 

するとどうでしょう

テニス肘などの怪我をしてしまうだけじゃなく

身体のバランスも損ないますから

へんな癖ができてしまうことに繋がるのです。

 

上手下手じゃなくて

ダイエットしながら饅頭を食べてしまうやぎのような方は両手にしましょう

それでもロマンを追い求めて片手にしたいというなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレッチ

あと荷物は左手でもつ

約束ですよ 🙄

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。「もっとこうした方がいいよ」というアドバイスを受けそれを実行するか分からない頑固さを持ちながらアドバイス自体には大変感謝してしまうから、アドバイスを待ってしまう甘えん坊さんである。言語能力が乏しい。
  • コメント: 0

関連記事

  1. テニスの質問にお答えアドバイスの巻

    【テニスの質問#3】テニス スライスの打ち方

  2. テニスの質問にお答えアドバイスの巻

    【テニスの質問#4】ドロップショットはどう打つの?

  3. テニスの質問にお答えアドバイスの巻

    【テニスの質問#5】テニスのストロークを安定させるには?

  4. テニスの質問にお答えアドバイスの巻

    【テニスの質問#6】テニスのストロークでがしゃります。

  5. テニスの質問にお答えアドバイスの巻

    【テニスの質問#1】テニスが全く上達しなくて悩んでいます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

閲覧数

  • 749月別訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 32昨日の訪問者数:
  • 4775総訪問者数:
  1. 驕れ、テニス丸高校!の青春テニス小説

    【第1話】須斗郎久歩令、転校

    2019.08.24

  2. テニス初心者でも使えるダブルスの戦術3選

    テニスのダブルスで初心者でもある程度戦える戦術を3つご紹介

    2019.08.17

  3. テニスのSEOとかWEBのお話

    【順位報告】2019年7/1~7/31月の検索順位報告~主力記事爆誕~

    2019.08.09

  4. テニス初心者がありがちな失敗してしまうイメージとは

    2019.08.03

  5. テニス初心者に伝えたい3つのシンプルなコツ

    テニス初心者がある程度上達するための簡単な3つのコツ

    2019.07.27

  6. 『テニス初心者あるある』人数少ないとジゴク

    テニス初心者あるある13選~シェフの気まぐれ改善策を夏の薫りに…

    2019.07.21

  7. テニス初心者が2時間でラリーが続くようになる練習メニュー【PDF有】

    2019.07.10

  8. テニスのSEOとかWEBのお話

    【順位報告】2019年6/1~7月の検索順位報告~ふんわり上昇?~

    2019.07.10

  9. ココナラミーツの事前登録の仕方を解説します。

    ココナラミーツとは?8月末に延期だと・・・出品登録の事前登録方法…

    2019.07.07

  10. テニスのSEOとかWEBのお話

    お・・・おわった・・。

    2019.06.30