【テニスの質問#4】ドロップショットはどう打つの?

みなさんどうも

やぎです 😈

 

ほんじつはこちらにお答えしたいと思います。

 


 

ドロップ

~中略~

ショットはどう打つの?

 


 

なるほどなるほど

ドロップショットは錦織選手もよく使うショットですよね。

器用さ(タッチ)が重要な難しいショットです。

 

ですので、この解答としては

よくありがちな間違えを正すことに専念します!

 

ドロップショットに関しては

練習あるのみ・・・・

 

いや、それではいきましょう!!!!

 

 

(こちらの質問はやぎが考えました)

 

 

 

 

イメージする軌道が大切

 

ドロップショットはネット前にストンと落とす、かっくいい技です。

 

また、かっこいいだけでなく、一度ドロップショットを見せるだけで

相手のスタンディングポジション(立ち位置)(スタンディングポジションに対する内容の記事もおもしろそう)

 

を困惑させることになります。

 

「あいつ、いいドロップショットもってるな。警戒して前目にポジションをとるか」

 

深めド――――――ン!!

ウワーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

これは、無意識の状態でもこのような選択をすることになるので

引き出しを多く持つ意味でも、練習する価値のあるショットです。

 

ただ、やりすぎる場合があります

やりすぎると、相手は前目にポジションとってますから、餌食となりますので、

それで失点するより、きちんとラリーを続けた方が賢明です。

使うポイントは、相手の脳裏に無いときに、使う。です。

 

 

 

 

ドロップショットを打つとき

どのような軌道を描けばいいのでしょうか

得意の絵で発表します。

 

 

 

 

 

テニスのドロップショットを説明した絵

 

 

 

ですねぇ。うん。

①はネットの無い場所での軌道です

 

 

『ダメ』のような軌道でギュイン!とボールを落下させるには

回転量が必要になります。このようなドロップショットを始めたばかりの方へ指導することは、いささか(先生)気が早いかと思います。

 

そもそも初心者にドロップショット教えないか・・・

 

いやけれども、『OK』の軌道ですね。これならできるはず。

ボールは重力によって落下します。それは綺麗な軌道です。

その軌道に乗せてドロップショットを打つのです。

 

あれ、これもしかしたらやぎだけのイメージかもしれないのですが

初心者の方は

ネットを過ぎてからボールが落下するイメージを持っている(はず!!)

ではなく

ネット前で最高度に達し、ネットを超えているときはすでに落下の軌道へ入っている状態

をイメージして頂きたいのです。

 

ただこれのメリットデメリットを話すと

メリット:球威をコントロールするだけだから簡単

デメリット:ボールが遅い。山なりのボールになる。

ですね。

 

あくまでも初心者向けかもしれません。

(やぎはいまだ回転量を抑えたこのイメージをもっているとは言えない・・)

 

なぜ回転量を加えたドロップショットは難しいのでしょうか

それは、ラケットとボールの接地時間が少ないのと、接地する厚みが違うからです。

ボールがラケットに当たっている感覚を手のひらで感じる量が多いほど、安心感安定感が増します。

その逆も然りです。

 

 

では

ドロップショットの練習はどうすればいいのでしょう?

 

 

 

 

 

ドロップショットの練習は、一人遊びで大丈夫です。

 

ドロップショットを打つ際、ボールの威力を無くすため、脱力が必要になります。

腕をスポンジのようにして、威力を受け流すのですね。難しいかな・・

 

まぁやっていただきたい一人遊びは

ボールをポンポンつきまして

上に。

 

それを高くあげます。

 

落下してきたボールをラケットで受けます

 

このとき

力が入っている場合だと、ハネます。

力が抜かれている場合だと、ハネが抑えられます。

 

 

言葉をそのまま受け止めるのではなく、一度やぎを疑って、実際にやってみてください

 

やってみてそうなら、まずはその感覚を養いましょう。

 

始めは頭辺りまでボールを上げればいいです

その後徐々に高くしていってください。

 

すると緊張しますから、実戦での効果もあります。

 

小さな成功体験の積み重ねが継続になりますし、自信にも繋がります。

 

出来たらですが、このような練習をするとき

上達してきたらすぐに次のステップへ行ってください。

そして、練習を始める際には、また小さなステップから始めてください。

 

基本は大切です。(10/10回連続で成功させるとか)

 

けれども、基本と応用を一緒に練習してしまえばより効率的です。

その日の調子にもよりますから、基本重視で練習する日をつくったり

応用をきかせながら、柔軟に練習内容を変更しましょう。

(その日の記録などを取ってモチベーションにしている人は、変更しなくていいです。その人に合った練習方法を試してください。ポイントは小さな成功体験を積み重ねることです。)

 

 

 

 

最後に

 

これだけは言わせてほしいことを最後に述べます。

それは

ドロップショットは

 

自分が打ちたいときに打つのではなく

相手が打ってほしくないときに打つショット

 

です。

現代人は我慢に弱いと思うので

打ちたいときに打つ

負けてもいいんじゃない?楽しめれば!

となるやもしれません。

 

それに関しては否定しません。

 

ただそれで視野を狭めるのはもったいない気もします。

 

我慢することで得ることもあります。

テニスでいうなら、我慢すればするほど、勝利の喜びや敗北の悔しさが募ります。

なぜだと思いますか?

 

真剣に戦ったからです。

 

テニスは歴史あるスポーツです。えっと、1873年のクリスマスパーティで大体の形式が決まったそうです。テニスも分岐してますからね、クリケットとかと。

 

今、「騎士道と武士道」という本を読んでるからこのような言い方をするのかもしれませんが

美学としてテニスを楽しむのも面白いかもしれませんよ 🙂

 

それが、テニスを味わうということなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドロップショットの話です

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【テニスの質問#5】テニスのストロークを安定させるには?

  2. 【テニスの質問#1】テニスが全く上達しなくて悩んでいます。

  3. 【テニスの質問#2】バックハンドで悩んでいます。

  4. 【テニスの質問#6】テニスのストロークでがしゃります。

  5. 【テニスの質問#3】テニス スライスの打ち方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。