テニスの画像

テニス初心者向け基本メソッド_1

1 テニスの基本をやぎ的に解説

このページでは、
「テニスを始めたばかりで基本がわからない方」
「我流である程度上手になってしまったため基本が未だに分からない方」
「明日友達にテニスを教えることになってしまった方」
「バックアウトやネットへのミスばかりで、ラリーが続かない方」
「山ちゃんと蒼井優の結婚に驚いた方」
向けに、以下2点が理解できるとテニスが上手になれるメソッドをご紹介しています。

1-1 力加減

テニスを始めたばかりの方にとっては、何もかもが新鮮です。

そのような方や基本を知りたい方、ミスが多い方にまず知ってほしい情報をまとめました。

早く教えろYO!となる気持ちも重々承知しておりますが、そう焦らずなにはともあれ本質からご覧ください。

◎本質

私は、テニスの基本として力加減を覚えることが大切だと考えています。

力加減とは、自身の”1の力でボールがどれくらい飛ぶか”ということです。

これを理解することができれば、初心者同士でもラリーが続くようになります。

 

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、力加減がテニスの基本になるのでしょうか。

それは、テニスではコートの範囲が決まっており

その範囲内に理想のボールを打つことで

ポイントが取れるスポーツだからです。

 

そのために、テニスの基本としては、ボールを

コントロールできる能力を身につけることが

先決であると考えています。

 

 

ちょっと説明

このような形で今後も概要をまとめていくつもりですが

当たり前の話じゃないかと感じる方もいらっしゃると思います。

やぎメソッドとは、当たり前を簡単にまとめたものです。

 

なので、上級者を満足させるような内容ではありません。

私は、当たり前をかみ砕くことによって、本質がつかめると考えています。

 

その本質が、

「テニスを始めたばかりで全てがわからない」

「我流でやっているので基本がわからない」

「基礎を固めたい」

という方たちのためになれば幸いです。

 

 

テニスの画像

(出典:pixabay)

◎具体案

実際に、力加減を体得するための具体的な方法を記述します。

 

一人でもできることは、ラケットでボールを弾ませるなどのボール遊びを行うことです。

ボール遊びをすることで、”タッチ”を磨くことができます。

タッチとは、器用さのことです。

 

二人以上人数が揃っている場合の具体案として

私のレッスンで行っている練習を参考にします。

1、ネットから一歩下がった距離に立つ

2、その場でラリーを行う。ルールは二つ。

(1)その場から一歩も動かない

(2)かならずワンバウンドしてから返球する

 

 

◎まとめ

ナゼ力加減が基本であるのかの説明と力加減を体得するための具体案を記しました。

本質とは、中心の点であって、点以外をまかなうものではありません。

 

ですので、私の具体案をすれば上達するという短絡的な理解をしていただきたくありません。

本質を掴み、ご自身でどう応用していくか。本質をどう利用するのか。

これらが大切です。ぜひ上達の参考になればと思います。

1-2 タイミング

本質

タイミングを体得することで、反復力を養う

◎本質のナゼ

ナゼ、タイミングを体得し、反復力を養う必要があるのでしょうか。

それは、相手から飛んでくるボールが毎回違うからです。

力加減を体得し、自分が打つボールをコントロール出来てきましたら

次のステップはタイミングです。

 

テニスは相手の影響で、状況が目まぐるしく変わります。

そのすべてのボールの力加減を覚えていく作業は骨が折れます。

ですので、このスイングをすればミスをしないタイミングを作り

それをすべてのボールに応用することで、効率的に反復力を身に着けていきます。

 

1を100にハメれば1が100個必要ですが

10を100にハメれば10が10個で済むのです。

 

 

(出典:pixabay)

◎ちょっと小話

私は基本的に進んで初心者の方に握り方を教えません。

それは自分にぴったりの握りを自然に身に着けてもらいたいからです。

ですが、人が歴史から多くを学ぶように、例として握りを伝えることはあります。

個性を大切にした指導は、生徒さんを放置することではないと思います。

◎具体案

タイミングを覚える具体案は”チャーシュー麺”です。

チャーシュー麺を食べろということではなく 😎

チャーシュー麺のリズムに合わせてスイングするという意味です。

 

私のレッスンでは、1・2・3のタイミングで打つように言います。

1=相手が打った瞬間

2=ボールがワンバウンドした瞬間

3=自分が打つ瞬間

です。

 

1~この間~2

2~この間~3

この間は、同じです。

球出しのボールを打つ機会があれば、ぜひ意識して取り組んでみてください。

 

 

◎まとめ

タイミングとは反復力を養うことです。

自分なりのタイミングを体得し、さまざまなボールに対応しましょう。

タイミングを覚えることで、スイングが安定してきます。

 

すると、高いボールや低いボールにやみくもに突っ込んでいくことが無くなり

高ければ下がって打点にボールが来るまで待てる様になりますし、

低ければ前に出て打点で打てるようにポジションを変えれる様になります。


なるべく簡単にいうと
1、コートの範囲が決まっているから力加減を覚えるべし
2、タイミング(リズム)を取りながら身体を動かすべし

いかがだったでしょうか。

ですので、

「テニスを始めたばかりで基本がわからない方」→力加減を覚えるよう簡単なことから練習を始める
「我流である程度上手になってしまったため基本が未だに分からない方」→力加減とタイミングを覚える
「明日友達にテニスを教えることになってしまった方」→力加減とタイミングを伝える
「バックアウトやネットへのミスばかりで、ラリーが続かない方」→力加減とタイミングを覚える
「山ちゃんと蒼井優の結婚に驚いた方」→力加減とタイミングで人生を駆け抜ける

ということを意識して見てください。

とくに、人に伝えないといけない場面があれば、あなたなりの言葉で伝えて構いません。

「力加減」と「タイミング」が本質なので、以上でもそれ以下でもありません。それなのです。

だからこうだからこうだからこうNOT力加減あんどタイミングあんだすたんなのです。

 

とにかく今から実践してほしいことは、

力加減をマスター!=ネットから一歩後ろ程の短い距離のラリーを20往復する。できればどんどん距離を延ばす練習をしてください。

タイミングをマスター!=相手が打ってきた①バウンドした②自分が打つ③、①②③を口ずさみながら練習してください。

なので、今からテニスする方は、上記2点を実践する。

今電車の中とかで練習できない方は、頭の中で具体的なイメージをしてみてください。

それだけで上達します。(↓ということを学んだ動画)

 

↓次のメソッド