やぎメソッドの概要

とりあえず初めに読む〈やぎメソッド〉概要

やぎメソッドとは

やぎメソッドの説明はじまりはじまり~

やぎメソッドとは、テニスが簡単に上達する方法をまとめたメソッドです。

悲しいことに、私には文才がありませんので、意味が伝わらないかと思います。

この概要ではざっくりとした雰囲気が伝われば良いと思っているので、深く考えず、まぁなんとなく全体像を把握して頂ければ幸いです。

 

ちなみに、時短テニスメソッドの”時短”とは一体どういう意味なのか述べます。

早く上達するには練習の「質」を高める必要があります。

では、「質」を高めるにはどうすれば良いのかというと、PDCAを早く回すことです。

PDCAをやぎ的に言うと、実践→失敗→反省を繰り返すことです。

やぎメソッドは、テニスの動作を簡単(?)に表現することで、【反省】を理解することが可能です。

例えば、ストロークでボールがバックアウトばかりするのであれば、あーでもないこーでもない、ではなく縦が足りないもしくは基本が足りていません。

それを踏まえて次のスイングを調節していく。

これが時短テニスメソッドと謳っている理由です。

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、やぎメソッドは”無意識にできていることを可視化(あえて言葉にした)”したものです。

つまり、上手い人はもう勝手にできています。

「なかなか上達できない」「はやく上手くなりたい」

そのような方の役に立てれば幸いです。

けれどこのブログは完全にやぎの趣味というか、自己満足の塊です。

そこをご理解ください。

以下、概要をまとめています。

 

 

1 テニスの基本

1-1 力加減

テニス初心者に重要な基本は力加減とタイミングです。

やぎメソッドの概要を簡単に説明していきます。

やぎメソッドにおいて、テニスの基本は、「力加減」からスタートします。

この理由は、テニスにおいてラケットは永遠に切っても切り離せない関係ですから、まずテニスの基本としてはラケットさんとおともだちになろう。

ということです。

テニスではコートの範囲が決まっています。

野球のような場外ホームランはありません。

ですのでまずは、力加減をコントロールできるようにしましょう。

 

さてさて、では力加減がある程度分かったら次はどうすればいいでしょうか。

 

 

1-2 タイミング

テニス初心者に重要な基本はタイミングです。

テニスの力加減が分かってきたら、次はタイミングです

この「タイミング」を簡単に説明すると、1,2,3でボールを打ちましょう。ということになります。

 

この感覚が分からず、テニスという沼にハマってしまう方が大勢います。

初心者の方の壁と言っても過言ではありません。

 

具体的な例でいうと、ボールに身体を突っ込んでしまう。

これです。

 

もっと広い意味で言うと、同じ打点で打てていない。

ということです。

 

気持ちは分かります。

テニスはまずボールを打ち返さなければなりませんから、

ボール来た!→ボールへ向かう→すっごいハネる!?→とりあえず返しちゃえ!=崩れたフォーム。

となります。

 

ボールは待ってたらやってきますから、まずは落下地点を予測して動きましょう。

 

タイミングの取れたスイングをすることで

毎回同じスイングが可能になります。

詳しくは、テニスの基本のページをご覧ください。

 

 

 

さぁ、テニスの基本がある程度理解できましたら、ストローク編に移りましょう 🙂

2 テニスのストローク

2-1 横のスイング

テニス初心者に重要なストロークの基本は横のスイングです。

ここから、独自の言葉、見解に入っていきます。

まず、テニスのストロークをやぎ的に定義すると、ワンバウンドしたボールを返球することです。

基本のスイングですよね。

 

さて、では横のスイングとはなんでしょうか。

これは、股関節の動作を言います。

イメージでいうと、デンデン太鼓です。

(今の子は分からないかもしれないけど・・・)

 

テニスのストロークのスイングを一度真っ白にした状態から考えると

股関節の動作(横のスイング)が重要であると細分化しました。

 

「当たり前だ」という意見はごもっともです。

 

しかし、これが把握できると様々な問題が解決できます。

例えば、ボールが思った以上に飛ばないという方は、基本的に股関節が動いていません。

これも理由があって、ラケットを持っているのは手であって、手は器用ですから、意識がそちらへいってしまいます。

だとしたら、股関節を動かすという意識すら途切れてしまうのですね。

 

我流でやっている方の多くは横のスイングができていません。

 

またこれはやぎがお勉強になったことですが、「腰が痛くて横のスイングができない」という方もいます。

その場合は、身体の柔軟性を保ちながら、無理なくテニスを楽しんでください 😀

 

 

 

 

では、横のスイングができたらOKというわけではありません。

それだと、ボールが飛ぶ飛ばないだけできたというだけです。

それだけだと、ボールの距離感を制御するとき、力加減に頼ってしまいますから、

ネット前に打ちたいとき、大変遅いボールしか打てなくなります。

そんなときに使うテクニック(?)というか動作が縦のスイングです!

 

2-2 縦のスイング

 

縦のスイングとは、肩甲骨の動作です。

詳しい動作の内容は、テニスのストローク編に書かれています。

 

縦のスイングを行うことで、ボールにドライブ回転を加えることができます。

 

これも当たり前といっちゃえば当たり前ですが、

ポイントは、

 

横のスイングと縦のスイングの割合を考えてスイングすることです。

 

例えばボールがアウトばかりするのであれば、縦のスイングが足りていません。

例えばボールが回転ばかりかかって厚い当たりができていなかったり、打感に手ごたえがない場合(これのせいで発生した不安は、実践でのミスにつながります。怖いのです)は、横のスイングと縦のスイングの割合を合わせて無理なく正しいスイングをしてみてくださいね 😯

 

 

 

 

ストロークがなんとなく分かれば、次はボレー編です。

ここまである程度理解できたら、楽しくラリーが続くはずです。

ですが、ボレーが上手いとお得です。

ボレー編に移りましょう!

3 テニスのボレー

3-1 後ろから前のスイングと上から下のスイング

テニス初心者に重要な基本はボレーです。

 

ではボレーについて。

ここでのボレーの定義は、ノーバウンドで返球することにします。

ボレーが上手いとお得な理由は、①角度をつけやすい②速い展開で返球できる=得点に繋がりやすい

です。

 

テニスのボレーはまず「後ろから前のスイング」と「上から下のスイング」がやぎメソッドでは大切です。

「後ろから前のスイング」とは、ラケットを後ろから前にスイングすることです。この時の注意点は、ボレーは相手のボール(威力)を跳ね返すようなスイングであることを理解しておくことです。

もちろんゆっくりなボールは振ってもいいんですが、(コーチによって指導が違います。やぎメソッド視点で言うならば、ご自身でスイングを選択してください。)

ですから、まぁ腰あたりから前にラケットを持っていくような感じ(?)でしょうか。ごめんなさい感覚派なんです 😥

 

この動画は大変参考になりますよ~

 

 

 

 

「上から下のスイング」は、ネットよりも高いボールを叩きつけるための動作です。

 

ここでもポイントは、

ボールに合わせて「後ろから前のスイング」と「上から下のスイング」の割合を選択していくことです。

テニスのボレーにおける基本は、こんなところでしょうか。

 

それでは次です。

このスイングは、ラケットのスイングになります。

ボレーは、それだけでは力負けするときがあります。

ではこの時に利用する動作とは一体なんでしょうか?

 

 

 

3-2 体重移動

 

その動作とは、体重移動です。

先ほどのスイングを割合で表示すると

後ろから前100:0上から下

後ろから前0:後ろから前100

として、

後ろから前が大きいほど、体重移動が少なくて構いません。

後ろから前というのは、ほぼローボレー(ネットより低いボールに対するボレー)ですので。

ただ、体重移動は動力ですから、絶対使わなくていいというわけではありませんよ?

頭がパニックになるかもしれませんが、テニスに絶対はありませんので、自分で適切な判断を選択してください。

 

だとすれば、上から下のスイングの割合が高い場合、体重移動という動力を加えましょう。

そうすることで、小さなスイング(ミスが少ない)で、ボレーが可能になります。

 

 

 

最後は、サーブです。

サーブはなかなかやっかいですよね。

これもやぎメソッドなりにまとめてみたので、さぁラストスパート。

見てみてくださいね。(明日でもいいですよ)

テニスのサーブ

4-1 横のスイング

テニス初心者に重要な基本は横と縦のスイングです。

ここでまず断っておきます。

やぎは当初テニスのサーブは「コントロール」「タイミング」が大切だと思っていました。

けれど、よく考えたら、「横のスイング」と「縦のスイング」で表現できるのではないか。と思ったので、後者の概要を説明します。

テニスのサーブのページもなんかぐちゃぐちゃですよね。

いつか整理しましょう。(いつになるやら)

追記:やったよ!令和元年5/24サンマルクの中でやったよ!

 

ここまで、ご覧いただいた方にとって、

もうやぎメソッドは簡単なものになっているでしょう(希望)

 

ここでの横のスイングは、ストローク編でも言いました、股関節の動作です。

この動作を行うことで、ボールに距離感を出しましょう。

 

4-2 縦のスイング

では、縦のスイングも一緒なのか?

実はそうではないのです。

 

ここでの縦のスイングは、ストロークと天地が逆?といいますか、ここは、もう、分かってください!!!! 😈

 

あーあれです。ボールを投げる動作です(よかった・・・)

 

その動作で、ボールをコートに叩き込みましょう。

 

サーブにおける横のスイングと縦のスイングの割合を調節し

アウトが多いのであれば、縦のスイングを。

ネットが多いのであれば、横のスイングを。

加えてみてください。

 

ただ、サーブはそれだけでは始まりません。

なぜなら、サーブが速くても、サービスコートに入らないといけないんです(な、、、なんだと!?)

 

 

詳しい内容は、以下の記事をご覧ください。

 

 

 

終わりに

疲れた・・・

 

よ、よくここまで読み進めてくださいました。

現在文字数が4245文字です。

お互い、頑張りましたね・・・。

 

改めていいますが、やぎメソッドは個人的に趣味で発信しているものなので、

「へー」ぐらいで捉えてもらって、また、皆様で改良頂いても構いません。

では、皆様の楽しいテニスライフに幸あれです 😳

 

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。「もっとこうした方がいいよ」というアドバイスを受けそれを実行するか分からない頑固さを持ちながらアドバイス自体には大変感謝してしまうから、アドバイスを待ってしまう甘えん坊さんである。言語能力が乏しい。