テニス初心者の方向けアドバイス

みなさんどうもやぎです 😎

やぎはテニス初心者向けのアドバイスをしております。

お気軽にコチラまでお問い合わせいてくだされ。

松:テニスの質問にお答えします テニス初心者や、我流や独学でテニスをしてきた方向けです。

 

さてさて、やぎのプロフィールはこの記事後半にご用意しているとして

いつもはやぎがアドバイスを送る立場ですが、皆さんがアドバイスを送る立場になることもあります。

 

「◯◯くんってテニスやってたんだよね!今度教えてよ!」

「お、おん」

 

・・・今度教えてよ

 

そりゃ教えたい!って方はいいかと思いますが、

テニスの試合で必要な能力とコーチングの能力はまた違います。

錦織選手は世界TOP10選手だから、コーチングもTOP10入りしているだろう

という定義は当てはまりません。

 

そこで今回はそんな方向けにアドバイスの仕方をお教えしたいと思います。

参考にしてみてください。

 

 

よくあるパターンなのですが、”教えすぎに注意”

「テニス教えてよ~」は、「私選手としてやっていきたいんだぁ」ではない

教えてほしい。こう言われた方は2極化していて

・鼻息をふきながら「任せろ!」パターン

・えぇ・・・と不安になってしまうパターン

です。

 

後者にとっては、良い話ですが、

スクールとかに通ってる人は別として、遊びで教えてほしい方は言うならば

「体動かしたい」とか「テニスで楽しみたい」とかいう目的で誘っています。

だから、

「もっとこうしたほうがいいよ!」「今のは違うってさ!」なんていうお節介アドバイスは

厳重注意です

ですので、まず一切教えないという所まで振り切ってください。

そこから

「なるほど!」と言われる”ちょい足しアドバイス”を言うことでその場は円滑に進むことでしょう。

テニス初心者の方に効果的な”ちょい足し”アドバイス

さぁではそんな効果的な”ちょい足し”アドバイスとは一体どのようなものなのでしょうか。

ここで一度考えたいことは

・あなたの実力

・相手の実力

です。もし相手があなたより上手だった場合は、「すごい上手じゃん!教えることなんてないよ!またこうしてテニス一緒にしてくれない!?」

とかは別になんでもいいですが、教えてって言われた手前引き下がれないなんて状態にするのではなく、素直な気持ちを伝えましょう。

 

そしてあなたの実力が教えるほどでもないときでも

こちらのアドバイスが効きます

・手で出来たことはラケットに慣れたらできるSA☆彡

ということです。

説明しましょう。

 

テニスコートをイメージしてください。

さぁテニスをしにやってきました。

24歳女性 同僚で少し気になってるエミちゃん「わぁーほんとテニスたのしみぃ!」

あなた「そうだね。僕もテニスするのは久しぶりだから、しっかりストレッチしよっか」

ーー股関節と肩甲骨を重点にグルグル身体を動かす動的なストレッチをする2人

エミちゃん「コートとかラケットとか準備してくれてありがとうね」

あなた「いいんだ。僕もあんまり上手に教えれるか分からないけど、とにかく楽しめたらいいよね。そしたら早速ラリーしてみよっか。」

エミちゃん「え~できるかなぁ」

あなた「まぁまぁ、できなくて当たり前だから」

エミちゃん「え~なにそれぇ」

ーー淡いひと時を過ごす

エミちゃん「はぁやっぱり身体動かすって楽しい!けどあなたくん上手だね。あんまりラリーが続かなくて申し訳ないよ」

あなた「そんなことないよ。エミちゃんもラケットに当たっててすごいし」

エミちゃん「ちょっとそれはバカにしすぎ~」

あなた「ははっごめん」

 

もう少しお付き合いください

 

エミちゃん「わたしもあなたくんぐらい上手に打ちたいなぁ~」

ーー説明:まず初めにテニス欲求を済ますことで、向上心が生まれる

あなた「そうだねぇ。確かにラリーが続くようになるともっと面白いしね。」

エミちゃん「そうだよねぇ。どうやったらテニス上手になるの?」

ーー説明:どうやったらテニス上手になるの=選手になりたい訳ではないので、ある程度ラリーが出来るぐらいのアドバイスが重要

あなた「聞いた話なんだけど、テニスって『手で出来たことはラケットに慣れれば出来る』らしいんだ。」

エミちゃん「ラケットに慣れる?」

あなた「そうそう。だからまず手で練習してみようよ」

ーーこうして、エミちゃんはテニスが上達し、2人はダブルスの日本代表となった・・・

 

 

と、いうことですよ

その他詳しい練習メニューとかは、

で、やぎダウンロードしてください。

結局述べたいことと同じことが書かれていますので。

 

テニス初心者の方には、

ちょい足しアドバイスと

段階的な練習メニューを駆使するといいでしょう。

 

一応終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は、やぎのPRになりますので、

見たい方だけどうぞ


さぁさぁここまで述べちゃう

やぎって一体何者なんだつー方は

をご覧ください。

 

始めに言ってたけどさ、テニスのアドバイスをしてくれるっていうけど、テニスが上手ではないやぎは一体何を教えてくれるんだい?

それは、独自に開発したやぎメソッドを活用したアドバイスを行えます。

そいつぁなんじゃという方は

をご覧ください。

 

ここからはやぎがビジネス書から培った能力を駆使して、皆さんを

「あれ・・・そしたらやぎにちょいとアドバイス頼んでみようかな。」と思わせる文章を作りますのでお楽しみください。

もう頼んでみようと思っている方は以下へどうぞ。

松:テニスの質問にお答えします テニス初心者や、我流や独学でテニスをしてきた方向けです。

 

(当サービスは、「ココナラ」を利用します。それに差しあたってココナラへの登録が必要になりますから、面倒な方は次の画像だけ見て別ページへお飛びください。)

では、みなさん準備はいいですか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑次の画像)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごほん。

テニスを楽しむには、上達感が必要!

 

いきなりですが、みなさんはなぜ今このブログにたどり着きましたか?

恐らく多くの方は、自分が持つ疑問をネットで解決しようと思われた方です。

もうその時点で、あなたの上達は決まったようなものです。

なぜなら、多くの方は疑問を忘れてしまうので、それを解決する方法としてインターネットを使ったあなたは、疑問を解決しようとする意欲があります。

素晴らしい。

ただその素晴らしい方達の中で上達に差がついてしまう要因があります。

それは、

 

疑問を解決するスピード

 

です。

1ヶ月で10個の疑問を抱いた方が2人いて

Aさんが2個

Bさんが8個解決していたら、

BさんはAさんより、6個も先のステージに進んでしまいます。

 

基本的に上達したい方は自然に疑問が浮かびます。

問題は、解決する術が無いことです。

 

もしあなたがテニスクラブに通っているとします。

週に1回長くて2時間。月に4回通えたら、テニスを教えてもらう時間は8時間です。

また、多くのテニスクラブは大人数制です。その中で

 

あなたの疑問に応えてくれる時間はどれぐらいあるでしょうか?

 

「レッスンの終わりに聞こう・・・」と、思っていても疑問を忘れてしまったり、コーチが次の用意で忙しそうで聞きづらいこともありますよね。

あと次のレッスンまで時間の無いコーチは、傾聴したくても難しい状況でもあります。

この葛藤があります。

コーチもお客様も同じ希望があります。それは、疑問の解決やコミュニケーションです。

しかし、時間や大人数制という縛りがある以上、充実したサービスは提供できません。

なので、おすすめなのが、

 

テニスの上達は、テニスクラブだけでは難しい!外部サービスを利用してはいかが?

 

ということになります。

さぁさぁみなさんいかがでしょう。外部サービスを利用したくなりましたか?

もしやぎがみなさんだったらこう思います。

 

うさんくさいし外部サービスに頼むのめんどくさい・・

 

あちゃちゃ・・・

 

 

 

正直、やぎにご依頼いただかなくても構いません。

ただ、

テニスクラブに通ってるだけで十分上達するには時間がかかる

という事実をお話させてください。

 

テニスクラブにはレッスンにクラスがあります。

初心者~初級~初中級~中級~中上級~上級などが一般でしょうか。

この中で、初中級に10年いる方もザラではありません。

 

もちろんこの事実というのは、一般的なテニスクラブに限ったことで、全てに当てはまる事実ではありません。

しかし、「テニスを上達したい方」と「テニスを教えたい方」のニーズがマッチングしていない歯がゆさがあります。

コーチも時間をかけて教えたいです!なんならマンツーマンでレッスンしたいです。

ただ、大人数制では人間関係も重要ですから、特別扱いするわけにはいきません。

 

そこでココナラがあります。

やぎに依頼しなくてもいいよと言っておきながら、やぎのアピールをさせてください。

 

すっごく楽し・・・

 

ちょっと、文章打つの疲れたのでこれぐらいで終わりますが、

簡単にアピールすると、

やぎはノウハウをお伝えします。

あなたの上達したいという気持ちを応援し、時には励まし、力になります。

けれど、飽きちゃったら、それはそれでいいんじゃない人生って一回だけみたいだし

これがやぎの指導法です。

 

あなたの人生だから、あなたが選べばいい。

選んだもののアドバイスはします。

 

ニート時代、HATACHIを過ぎたにも関わらず、人はなぜ生きるのかを思考しまくって培った

思考力を活かし作り上げたのがやぎメソッドです。

 

 

 

 

 

競技スポーツとしてのテニス

生涯スポーツとしてのテニス

 

この両面があるなかで

やぎは生涯スポーツとしてのテニス専門です。

 

人生一回ですから、

せっかく始めたテニスですから、

こうしてこのページを見てくれた縁ですから、

よければどうぞ。

松:テニスの質問にお答えします テニス初心者や、我流や独学でテニスをしてきた方向けです。

 

(途中からビジネス書で培ったなんたらは関係ない文章となっております。結局ハートですよね。ココナラの登録方法は、コチラのサイト様のページをご覧ください。サービスの購入方法は、コチラをご覧ください。では。)

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。