やぎメソッド誕生秘話_0

当サイトへお越しいただきありがとうございます。

このサイトでは、管理人である”やぎ”のテニス情報を発信しています。

 

物事を細分化したがる私は、科学的な根拠一切なしの「やぎメソッド」を考えました。

そんなやぎのプロフィールをご紹介しましょう。

 

「やぎ、将来どうするんだ?」と高校の時先生に言われたことが今に繋がる

時は、令和から平成に戻ります。

やぎは中学校で軟式テニスをし、それとない成績を収め、高校に進学します。

高校では硬式テニスを選びました。

始めて硬式テニスを見たときの印象は・・・

「なんだこれ、余裕じゃん・・」

 

というのも、軟式テニスの前衛はやばいぐらい動きます。

今の戦術はどんな感じか知りませんが、やぎが軟式をしていた時代

コートを半分にしてテニスしてるのか!と言うぐらい前衛はポジションを空けていました。

 

そしてその空きを狙うとボレーの餌食に・・

これは一つの例ですが、それを見ていた中学時代の視点から硬式テニスを見ると

「全然前衛動いてねぇな」となったのです。

そんな小生意気なやぎは

 

全然成績を残せず大学への進路、人生の岐路へ立ち向かう

硬式テニスむずい。

そんな中先生から「やぎ、お前は将来どうするんだ?」

と言われ、こう決めたのです。

 

勉強より運動が好きだから体育系の大学へ進もう!

 

 

希望大学に落ちる

動機がちょっと・・

まぁなんやかんやで、ランクを落としたちょこっと体育系大学へ進み

そこでようやくテニススクールに応募をし

晴れてテニスコーチになりました。

とても良いテニススクールに通わせていただきました。

今でも年賀状を送り合う縁をいただきました。

 

大学4年間、色々な経験を積みましたが

一方テニスの実力はそれほど成長しませんでした。

 

そしてまたこの時期が来ます。

 

「やぎ、お前は将来どうするんだ?」

なぜか自信のあったやぎは、運動の知識と栄養への興味を武器に食品メーカーへ就職を試みます。

履歴書を大量生産し

 

ニートになる

自業自得といえばおしまいですが、みなさんご存知ないでしょう。

世間体という恐怖。

 

「やばい・・せめてバイトしないと」

 

ということで、近くのテニススクールに応募。

1年半テニスコーチとして働くことになりました。

ここでもたくさんのご縁をいただきました。ありがとうございました。

もらったパンツ、いまでも履いてます。

 

しかし、ここでの経験が今に活きています。

毎月レッスンを考えていました。

やぎメソッドの8割はここで生まれたのです。

 

そんなこんな、

次はやぎ自身からこう問われるのです。

「やぎ、お前は将来どうしたいんだ?」

 

いざ東京へ

やぎは、大学で得た資格をいかすため

教師になろうと思いました。

取得した資格は体育でしたが、世界史を教えたくなりました。

世界史を教えるには、様々な教養が必要だ。

だったら、取材とかできる新聞とか出版社で働こう!

なになに?出版社は東京が多いのか・・よし、いこう!

 

地獄の日々

やぎは、出版社を求めて東京に出ました。

もちろん採用には至りませんでしたが、それよりも生きる大変さを学びました。

お金がなかったのです。

日払いのお仕事をたくさんしました。

引っ越しのアルバイトは体力も付くのでおすすめです。

 

この時期の経験がめちゃくちゃ大事でしたが、

驚くほど暇でした。

 

学校や仕事のような制約が無い今、自由を手に入れた今、

恐ろしくヒマだったのです。

 

将来のことは考えないとだめだな・・・

となり、喫茶店に潜入して、いろいろ考えました。

 

なんかもうすごい考えました。あの時の口癖は「ナゼ」だったでしょう。

考えた根本を妥協すると、その後枝葉につく思考の土台が揺らぐと思い、

いっぱい考えたわけですね。

 

そこでふと思いました。

なんか考える力ついたけど、これテニスに応用できるんじゃね?と。

 

そこで、テニスの本質を考えました。

主に動作についてですが、動作の根本を分かりやすく伝えるには、股関節と肩甲骨が重要だと

ここに辿り着いたわけです。

 

なんだかんだ個人事業主となり、

やりたいことも見つかり

今、やぎが皆様に提供できることはなんだろうとなり

テニスや・・・

となって、このサイトを立ち上げました。

 

まぁもちろん自身の知見をいかし、皆様からいただく感謝がお金となって、次のステップに向かえることは前提となりますが、このサイトがどのような方向へ向かうのか。

このビジョンが非常に大切です。

このサイトの存在意義は、

 

テニスを通じて、自分を表現できる方が増えること

にします。

今決めました。

 

「表現」という言葉をかなり広い意味で用いていますが、

このやぎメソッドはやぎの表現です。

 

そして、やぎメソッドを使うことで

・テニス初心者の方が上達する

・独学でテニスをしていた人のフォームが綺麗になり、怪我が減る

という方が増えると、なんかこう気分が良くなります。

 

するとポジティブになって、人に自慢できたり、教えたり、試合に勝ったり、成功体験が増えます。

 

この、ポジティブになることで、行動できたものを「表現」と言い表しました。

 

そのような方が増えるよう、

やぎのエゴ100%でこのサイトを運営していこうと思います。

そうして集まった人たちでテニスできたらいいですね。

やぎ

おしまい

暇なら↓これもチェック!

 

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。「もっとこうした方がいいよ」というアドバイスを受けそれを実行するか分からない頑固さを持ちながらアドバイス自体には大変感謝してしまうから、アドバイスを待ってしまう甘えん坊さんである。言語能力が乏しい。