やぎメソッドにおけるテニスのサーブとは

4 テニスの初心者向けサーブメソッド

4 テニスのサーブをやぎ的に解説

4-1 コントロール

◎本質

サーブの本質は、コントロールです。

これは、今までの説明からもご理解いただけるかと思います。

 

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、サーブの本質がコントロールなのでしょうか。

それは、サービスコート内にサーブを入れる事がルールだからです。

 

◎ちょっと説明

しかし、サーブを入れるだけでは、相手にやられてしまうのではないか。

と、疑問をお持ちになるかと思います。

そうです。ポイントは。ではどうするか・・・という場面で”戦術”を使います 💡

 

たまに、ではどうするか・・・というポイントでは全く無い場面で”戦術”というリスクをかけてしまう方がいます。

それでは無駄があるように感じます。

最小限のリスクで戦っていくために、まずは本質であるコントロールの向上をおすすめします。

 

yagi

(追記(2018/07/16):サーブにおける動作の細分化がしばらくできていませんでした。ふとひらめいたことがあります。ストロークにおける動作の細分化は、「横」と「縦」の割合です。それはサーブでも応用できるのではないか、ということです。超簡単にいうと・・・でも記載していますが、動力源はやはり「横」つまり骨盤による動作。しかしこれだけだと、ボールがただ遠くへ飛んでしまうだけです。そこに、ストロークとは動作が異なりますが、「縦」つまり肩による動作を加え、ボールを叩く割合を加えます。サーブでは、横の動作でボールを飛ばし、縦の動作で叩く。ボールが飛びすぎるのであれば、縦を加え、ネットにかかるのであれば、横を加える。この割合を保ってください。

けれど、本来の本質であるコントロールの文章を消さなかった意味は、やはりコートに入らなければ意味がないからです。

上記の割合の前にコントロールの習得は不可欠です。

割合の話をすると、スピードが早ければコントロールは損なわれ、遅ければ逆です。

ですので、学習の順序のお話をすると、

1、狙ったコースにボールを飛ばすことができる。(1/10ではなく8~10/10が望ましい。分子が基本の数値です。)

2、自身の環境、レベルに合わせてスピードを上げる。

です。ここで注意していただきたいことは、バランスです。

初心者クラスの方で、1と2が達者な方がいるとします。でしたら、サーブの練習はそれほどしなくて構いません。

もし高いレベルでのテニスを望まれるのであれば、いつかそのサーブは攻略されます。

攻略されれば、あとはどうすれば良いのでしょうか。

テニスは反復のスポーツですので、バランスよく他のステータスも求められます。

得意は活かすためにあります。諸刃の剣ではありません。

まずは、テニスをしましょう。

以上、追記でした。)

 

 

 

(出典:pixabay)

◎具体案

では、いざコントロールを高めようとしても、複雑な動作の結果がコントロールですから

すぐ、上達できるものでもありません。

 

ただ意識として、念頭に置いていただきたいことは

大きな動作は、物事を難しくし

小さな動作は、物事を簡単にする

ということです。

終着点は、小さな動作で精度の高いサーブではなく、大きな動作で制度の高いサーブです。

 

私のレッスンでは、

・ボール投げ

・ラケットを短くもって打つ

・ベースラインから打つ

など、段階をつけてコントロールを意識した練習をします。

 

この練習ですが、

これは、2年ほど前youtubeに載せているどなたかのレッスンを参考にしたもので、私オリジナルのものではありません。

改めて探しましたら、見つかりませんでしたので、もしどなたか動画をご存知であれば、教えていただきたいです。

そして、そのレッスンのコーチ、成長させてくださりありがとうございます。感謝いたします 😥

 

 

◎まとめ

サーブの本質は、コントロールです。

コントロールという基盤ができたら、スピードを足しましょう。

ダイナミックなサーブもかっこいいので、お気持ちはわかりますが

身体の使いようによっては、腕だけのサーブとあまりスピードは変わりません。

 

ただただ、コントロールを損失しているだけにならぬよう、狙ったところにボールを飛ばせれるようにしましょう。

ここでは、本質を説いているだけなので、コントロールの付け方に関しては、他の方を参考にしてください。

本質の掴み方には自信がありますが、手段には自信がございません。

 

あえて言えるのであれば

・最小限のリスクで勝つ

・大きな動作と小さな動作のメリットとデメリットの両端を掴んで、サーブを選ぶ

・小さなことからコツコツと、で精度をあげる

というポイントを押さえていただければ良いです 💡

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

0 挨拶

1 基本

2 ストローク

3 ボレー

4 サーブ

 


4-2 タイミング

◎本質

サーブの本質として、次に挙げることは、タイミングです。

 

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、タイミングが重要になってくるのでしょうか。

タイミングを取ってコントロールと安定感を高めます。それほど、コントロールは大切です。

なぜなら絶対的に変えられないルールに沿って物事を考える事が一番理にかなっているからです。

 

 

(出典:pixabay)

◎ちょっと説明

しかし、コントロールの向上を意識していても、なかなか精度はあがりません

これは、直感型の人間がうらやましく感じる部分でもありますが

意識的な動作よりも、無意識的な動作の方が、スムーズなんです。

 

メリットとデメリットでいうと

意識的な動作は、動きがぎこちないですが、ミスは少ないです。

無意識的な動作は、動きがスムーズですが、ミスの可能性があります。

最も得策は、意識的であり無意識的な動作を心がけることです 😮

 

 

yagi

追記(2018/07/16):追記を4-1にて詳しく記載しましたので、良ければご覧ください。ここでは、縦のスイングについて詳しく記します。ストロークにおいて縦のスイングは、ドライブをかける動作でした。抽象的な表現ですが、上から下へ肩を回す動作です。サーブでは逆で、下から上へ肩を回す動作になります。もちろん、下から上でピタッと止めるわけではありません。いつものスイングをやぎ風に簡単に言うと、上から下なのです。

この動作においてポイントとなるのは、手首です。

なぜかというと、テニスにおいて力が入るというのは、握力であると言っても過言ではありません。

これもなぜかというと、手のひらは大変敏感で器用であるからです。上手くお話できていませんが、これを否定する方はいらっしゃないと思います。

詳しく知りたい方は、「ホムンクルス人形」と検索してみてください。

力が入る→手首が曲がらない→ボールを自然に叩けない

悪循環です。試しに手首を曲げずにボールを下に叩きつけるようサーブしてみてください。(スネを打たないように注意←腰を回さないとあたります)

余分な力が加わっていませんか(肩とか)?トスが前の方へ飛んでいませんか?

いずれにせよ不自然です。

ムチが基本ですから、縦のスイングを意識をするときは、力の入れすぎに気を付けてください。(脱力によるラケットのすっぽ抜けにも注意←極端すぎ!!!)

極端すぎ!!!が実はやぎメソッドのポイントでして、やはり物事は割合なのです。

人間は極端に考える生き物であるから仕方がありませんが(なるべく考えないよう脳ができているから)

一長一短ですから、割合をとる。

そして、自分で割合を選ぶ。

厳しい言い方かも知れません、自分の責任は自分でとる。(このブログの責任は私が取りますから、何かあれば問い合わせてください)

これを胸にしまっておいてください。以上追記でした。)

 

 

 

◎具体案

意識的であり無意識的な動作とは一体なにを指すのでしょうか。

それは、コツコツ積み上げるということです。

 

意識的な練習を繰り返し、無意識下に落とし込んでいく。その作業を繰り返すことです。

それは、全体的な練習の話に応用できますが

ことサーブに関しては、タイミングで多くの物事が解決します。

 

「チャーシュー麺」

基本でも語りました。リズムにあわせて動くことで、無意識に精度の高いスムーズな動作を行うことができます。

自分にあったサーブのタイミングを見つけてみてください 😳

 

 

yagi

(追記(2018/07/16):縦のスイングの練習は、自陣でワンバウンドさせたボールをネットにかからず相手コートへ打つことです。カンタンなので、やってみてください。

・・・スネ注意 :roll:)

 

 

◎まとめ

ここでは、意識と無意識の話を軸に、サーブにおけるタイミングの重要性を語りました。

その中で、意識的であり無意識的な動作をすべきだと言いました。

 

これはキャッチボールの際、コントロールを意識しながらチャーシュー麺で投げる

ということです。

コントロール一点に意識を置き、あとの動作は無意識に処理させます。

 

人間の身体はすごいものです。

コントロールを意識して投げる

だけで、コントロールが向上する投げ方に変わります。

 

人体すごいんです。

ぜひ、力を抜いて、練習に励んでください。

 

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

0 挨拶

1 基本

2 ストローク

3 ボレー

4 サーブ

 

 


 

なるべく簡単にいうと

 

サーブに関して、別の本質を見出しました。

それは、股関節の動きでボールを飛ばし、肩甲骨の動きでコートにボールを叩く

ということです。

この2つの動作の割合をとって適切なサーブを打つ。

もうひとつ、そのサーブとコントロールとの割合も持つ。

 

つまり、速ければコントロールは損なわれるし

コントロールを重視したら速度が損なわれる

この割合をとっていきましょう。

 

↓過去の説明

サーブの本質は、主にコントロールでした。

コントロールの向上として、タイミングも重要です。しかし、重要なだけで必要と言うわけではありません。

極端に捉えず、本質を掴み、ご自身でかみ砕いてください。

サービスエリア内にボールを収めるという絶対的なルールがある限り

①コントロールがあって遅いボール

②早いけどコントロールがないボール

では、①が大切です。

②→①への練習ではなく

①→②への練習をおすすめします。

なぜなら、②は才能やセンスに依存する部分であり

基本の大切さが理解できていない場合、①とは非常にじれったい練習になります。

野球だと1-0で勝つこともありますが

テニスだと最短でも24-0でしか勝てません。

反復力が必要なスポーツですから、必然的にミスをしない基本が重要になってきます。

それを身に染みて感じてから、練習したほうが意欲的です。

そして、この事実を知らない人は、なぜ試合に負けたのか分かりません。

 

完全にサーブ以外の話でごめんなさい

 

1/4 でスーパーショットを打ち、3/4ミスをする

3/4でラリーをつなげ、1/4エースを決められる

地道な結果がテニスの勝敗を分け、またこれは醍醐味です。

 

 

やぎメソッド全体像カテゴリー

0 挨拶

1 基本

2 ストローク

3 ボレー

4 サーブ