やぎメソッドにおけるテニスのサーブとは

テニス初心者向けサーブメソッド_4

4 テニスのサーブをやぎ的に解説

このページでは、
「テニスのサーブがむずかしくてダブルフォルトばかりしてしまう方」
「山なりのサーブしか打てずに困っている方」
「肩を痛めてしまってアンダーサーブばかりになってしまっている方」
「速いサーブを打つ方法が腕力に頼るだけになってしまっている方」
「口内炎がつらい方」
向けに、以下2点が理解できるとテニスが上手になれるメソッドをご紹介しています。

4-1 横のスイング

◎本質

サーブの本質は、横のスイングです。

ストロークのメソッドと、同じ動作。すなわち股関節の動きです。

この動作を使って、ボールを前に飛ばします。

 

本質のナゼ

ではナゼ、サーブの本質の一つが横のスイング、すなわち股関節の動作なのでしょう。

それは、テニスのルールとして、まずサービスエリアにボールを入れなくてはならない。

そして、サービスエリアはネットを超えた前方にある。

つまり、ボールを前に飛ばさないといけない。

ボールを前に飛ばすにはいかようにもやり方はあります。

その中で、自然に、人体の構造を使った本質的な飛ばし方を分かりやすく表現したものが

股関節の動作、横のスイングだからです。

 

ちょっと小話

これは、サーブの本質は、「コントロール」と「タイミング」にあると思っていたときの小話です・・・

 

サーブにおける動作の細分化がしばらくできていませんでした。ふとひらめいたことがあります。ストロークにおける動作の細分化は、「横」と「縦」の割合です。それはサーブでも応用できるのではないか、ということです。超簡単にいうと・・・でも記載していますが、動力源はやはり「横」つまり骨盤による動作。しかしこれだけだと、ボールがただ遠くへ飛んでしまうだけです。そこに、ストロークとは動作が異なりますが、「縦」つまり肩による動作を加え、ボールを叩く割合を加えます。サーブでは、横の動作でボールを飛ばし、縦の動作で叩く。ボールが飛びすぎるのであれば、縦を加え、ネットにかかるのであれば、横を加える。この割合を保ってください。

けれど、本来の本質であるコントロールの文章を消さなかった意味は、やはりコートに入らなければ意味がないからです。

上記の割合の前にコントロールの習得は不可欠です。

割合の話をすると、スピードが早ければコントロールは損なわれ、遅ければ逆です。

ですので、学習の順序のお話をすると、

1、狙ったコースにボールを飛ばすことができる。(1/10ではなく8~10/10が望ましい。分子が基本の数値です。)

2、自身の環境、レベルに合わせてスピードを上げる。

です。ここで注意していただきたいことは、バランスです。

初心者クラスの方で、1と2が達者な方がいるとします。でしたら、サーブの練習はそれほどしなくて構いません。

もし高いレベルでのテニスを望まれるのであれば、いつかそのサーブは攻略されます。

攻略されれば、あとはどうすれば良いのでしょうか。

テニスは反復のスポーツですので、バランスよく他のステータスも求められます。

得意は活かすためにあります。諸刃の剣ではありません。

まずは、テニスをしましょう。

 

だそうです・・

 

◎具体案

横のスイングを会得するための具体案はとっても簡単で、ボールを投げることです。

テニスコートで練習できる人は、単純にサーブ練習でも構いません。

なんなら、シャドーでも構いません。

膝を曲げてオシャレにサーブを決めたい欲求を一度落ち着かせ

 

トスを上げたら、まず股関節を動かしてください。

ポイントは、股関節から上の関節、肩甲骨・肩・肘・手首を動かす筋力の力を抜いておくことです。

やぎメソッドではテニスの脱力を大変重要視しています。

 

股関節を動かしたら、先ほどの関節が遅れてムチのようにしなって付いてきます。

それでサーブを打つのが自然であり人体という縛りの中、ボールを飛ばすための最善策なのです。

 

なので、具体案は、横のスイングによって運動連鎖を感じることです。

しかし、これだけサーブは簡潔しません。

今言ったのは、ボールを飛ばす方法ですから、このままだと

ホームランでもOKということになります。

そのため、もう一つ動作を加えます。

 

4-2 縦のスイング

◎本質

サーブ二つ目の本質は縦のスイングです。

縦のスイングを使って、ボールをサービスエリアに叩きましょう。

 

◎本質のナゼ

ではナゼ、縦のスイングが本質なのでしょう。

それは、横のスイングによってボールを飛ばす威力を得たのち、

サービスエリアに叩き込む必要があるからです。

縦のスイングとは、肩甲骨の動作です。

両脚は股関節についており

両腕は肩甲骨についている以上、

肩甲骨の動作も大変重要となります。

なので、暇なら肩甲骨回しましょう。

腕で行う動作の初動は肩甲骨を意識しましょう。

 

◎ちょっと小話

これは、サーブの本質は、「コントロール」と「タイミング」にあると思っていたときの小話です・・・

 

ストロークにおいて縦のスイングは、ドライブをかける動作でした。抽象的な表現ですが、上から下へ肩を回す動作です。サーブでは逆で、下から上へ肩を回す動作になります。もちろん、下から上でピタッと止めるわけではありません。いつものスイングをやぎ風に簡単に言うと、上から下なのです。

この動作においてポイントとなるのは、手首です。

なぜかというと、テニスにおいて力が入るというのは、握力であると言っても過言ではありません。

これもなぜかというと、手のひらは大変敏感で器用であるからです。上手くお話できていませんが、これを否定する方はいらっしゃないと思います。

詳しく知りたい方は、「ホムンクルス人形」と検索してみてください。

力が入る→手首が曲がらない→ボールを自然に叩けない

悪循環です。試しに手首を曲げずにボールを下に叩きつけるようサーブしてみてください。(スネを打たないように注意←腰を回さないとあたります)

余分な力が加わっていませんか(肩とか)?トスが前の方へ飛んでいませんか?

いずれにせよ不自然です。

ムチが基本ですから、縦のスイングを意識をするときは、力の入れすぎに気を付けてください。(脱力によるラケットのすっぽ抜けにも注意←極端すぎ!!!)

極端すぎ!!!が実はやぎメソッドのポイントでして、やはり物事は割合なのです。

人間は極端に考える生き物であるから仕方がありませんが(なるべく考えないよう脳ができているから)

一長一短ですから、割合をとる。

そして、自分で割合を選ぶ。

厳しい言い方かも知れません、自分の責任は自分でとる。(このブログの責任は私が取りますから、何かあれば問い合わせてください)

これを胸にしまっておいてください。

 

だそうです・・自分で責任取るとか言っちゃう人は、口だけ感が出てあんまり信用できなさそうだけどな・・

◎具体案

シャドーピッチングで運動連鎖を感じましょう!

恐らくこれまでの説明なら、

横のスイング→縦のスイング

のように感じ、意識してしまうかもしれませんが、この二つの動作は意識せずとも出来る簡単な動作です。

ここでやぎが言いたいのは、「これが本質なんだけど、上手に身体使えてない人多いのでもったいないですよ」に尽きますので、そこまで身構える必要はありません。

 

「やぎさん、動作は分かったけど、これだとボールがコントロールできないよ・・」

ということは、テニスの基本を思い出して、練習に励んでください。


なるべく簡単にいうと
1、股関節でボールを飛ばし、肩甲骨でボールを叩く
2、この割合を維持しながら練習に励むべし。そもそも入らない場合、股関節と肩甲骨の動きは最小限から始めるべし。

 

 

これでやぎメソッドは終わりです。

皆様お疲れさまでした。

基本編ボレー編は少し特殊でしたが、

動作だけでいうと

・横のスイング

・縦のスイング

・体重移動

ぐらいでしたね。

これはテニス以外にも応用できる動きですので、

皆さんも実践してみてくださいね 😈

なかなかやるじゃんと思った方は↓もチェック!

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。