テニスのボレーは前後上下体重移動すべし

テニス初心者向けボレーメソッド_3

3 テニスのボレーをやぎ的に解説

このページでは、
・とにかくボレーが苦手な方
・ボレーボレーがつづかない方
・綺麗なフォームでボレーが打てない方
・ハンバーグが大好きな方
向けに、以下2点(3?)が理解できるとテニスが上手になれるメソッドをご紹介しています。

テニス初心者のボレーにとって一番重要なことは、前後上下と体重移動です。

3-1 後ろから前のスイングと上から下のスイング

◎本質

ここでは、ノーバウンドのボールを打ち返すことをボレーだと定義します。
それを踏まえ、ボレーとは

後ろから前にボールを押す動作と上から下にボールを叩く動作

の割合だと考えています。

 

◎本質のナゼ

では、ナゼその2点がボレーの本質なのでしょうか。

それは、テニスではネットを超えて返球しないと失点してしまうからです。

ネットより低いボールを打ち返すには、後ろから前に押して、ボールを持ち上げます。

ネットより高いボール を打ち返すには、上から下に叩いて、ボールをコート内に収めます。

 

◎ちょっと説明

では、これら2点の動作について詳しく説明していきます 💡

 

後ろから前に押す動作というのは、ラケットを持って立った状態から、ラケットを正面へ押し上げる動きです。もちろんこの際に、加えたい情報があります。その加えたい情報こそ、普段コーチや雑誌に書かれているテクニックなので、そこは上手な方にお任せします。

 

上から下に叩く動作というのは、ラケットを持って立った状態から、ラケットをまず上に持ち上げます。このラケットが上にある状態こそ、上から下にの上です。てのひらの向きは相手コートに向けてなど情報を加えたくなります。上にあるラケットを正面、胸の位置あたりまで下へ叩く動き。これが上から下へ叩く動作です。

 

テニスのボレーは前後と上下のバランスが大切

◎ちょっと説明

2つの動作を練習する具体案は、普段できる内容です。

それは後ろから前と上から下の両端を意識して、ボレーをすることです。

 

例えば、ボールがネットに引っかかった場合、上から下の割合が高かったことになります。

例えば、ボールがアウトしてしまった場合、後ろから前の割合が高かったことになります。

状況に合わせて割合を判断していく。これを積み重ねることが経験値となり体へ染み込んでいきます。

 

私のレッスンでは、

①ローボレー(後ろから前100:0上から下)

②ミドルボレー(肩口のボレー)(後ろから前50:50上から下)

③ハイボレー(後ろから前0:100上から下)

であるとし、この割合を感覚的に捉えていただくため

①「ス~っと送るように打ちます」

②「パァンと当ててス~っと送るように打ちます」

③「パァンと叩くように打ちます」

と、説明しています。これで理解できるのかは、個人差がありますので、本質をかみ砕いて、みなさまなりにアレンジしてください。

 

 

◎まとめ

ボレーの本質は、後ろから前に打つ動作と上から下に叩く動作であると私は考えています。

この2点の両端を掴み、状況に合わせた割合を考え、経験値を積んでいく作業を行ってください。

ただ、疑問も残ります。

 

それは、③ハイボレー(後ろから前0:100上から下)です。

なぜなら、この言い方では打点から真下へボールを打つということになります。

それでは、ボールはネットにかかってしまいます。

 

それでいいんです。

それでいい理由は、3-2 体重移動 をご覧になってください。

 

3-2 体重移動

◎本質

ボレーにおける上半身の動作を理解していただけましたら、ここでは下半身の動作をご理解ください。

二つ目のボレーの本質は、体重移動です

 

◎本質のナゼ

ナゼ、二つ目のボレーの本質は、体重移動なのでしょうか 😕

ポイントは特別意識して体重移動する必要はない!!というところです!!

全く、それはの答えになっていませんが、体重移動とはボールを飛ばす動力源であることをご理解ください。

 

 

◎ちょっと説明

体重移動は動力源です。

他人にチョコンとぶつかると

他人にドカーンとぶつかるのとでは

他人の飛ぶ距離が違います。

ぶつかる威力でボールへの威力も変わる

ですから

ボールをチョコンと打つのと

ボールをドカーンと打つのとでは

ボールの飛ぶ距離が違います 😮

 

ボールによっては、チョコンと打つべき場合とドカーンと打つべき場合があります。

プロの練習をyoutubeで見ていても、普段のレッスンで教えてくれるような、打ったら戻ってまた体重移動~を繰り返しているようには見えません。また全く体重移動をしていないようにも見えません。

状況に合わせて体重移動を割合に加えてください

◎具体案

私のレッスンでは、

①ローボレー → 体重移動率0%

②ミドルボレー(肩口のボレー) → 体重移動率50%

③ハイボレー → 体重移動率100%

としています。具体案として、これを理解し、ミスの原因を知るようにしてください。

 

これも分かりやすいように極端な数値にしていますが、理由としては

 

①ポイントを決めるボレーではないので、動力を加えるよりもコントロール(※1)を意識。ボレーの動作により加わる体重移動で済ませ、特別意識する必要はありません。

 

②これは、①と③の間であるので50%。数字に特別な理由はありません。

 

③3-1にて、ハイボレー(後ろから前0:100上から下)と書きました。本来真下に飛ぶであろうこの割合に、体重移動を加えて前方へ飛ばす動力にします。ハイボレーは決めるボレーです。上から下に叩きながら体重移動を加えて、ポイントを決めていきます。

 

なお高い打点のボレーは全て決めるボレーであるという意味ではありません。つなぐ場面では、体重移動を減らし、コントロールを意識しましょう。

また体重移動は、ボールを飛ばす動力源のひとつです。すべてをまかなっているわけではありません。

 

 

◎まとめ

ボレーの本質の一つは、体重移動であると書きました。

が、してもしなくてもいいのです。それはご自身でお決めください

おすすめとしては、するかしないか→1か10ではなく、1~10を上手に使いこなせればいいと考えます。いきなり上手には使いこなせませんので、無理なくゆっくり経験値を積んでください。

またこの体重移動の話は、ストロークやサーブだけでなく、他のスポーツにも応用できます。

 

本質ではない気もしますが

本質として取り上げないともったいないほどの動力源です。

ぜひ上手にご活用ください 🙂

 

3-1と3-2で、私が考えるボレーの本質を書きました。

これらやぎメソッドの上に立つ考えは、割合でものごとを考えることです。

後ろから前と上から下の割合

に対する体重移動の割合

なんて、いちいち考えてられません。私は。

 

ですので、失敗の原因を知ることを大切にしていただければと思います。


テニスのボレーは前後上下体重移動すべし
いかがだったでしょうか。

ですので、

「とにかくボレーが苦手な方」
→前後・上下の基本となる型を意識する

「ボレーボレーがつづかない方」
→前後の感覚を意識する

「綺麗なフォームでボレーが打てない方」→
脱力し、前後・上下のスイングを意識する

「ハンバーグが大好きな方」
→上下を意識して自分でハンバーグ作っちゃう
です。

とりあえる今やっていただきたいことは、

前後上下のスイングをマスター!
=動画や鏡で自分のスイングをみてみる!脱力した姿勢になっていますか?

体重移動をマスター!
=腕の動きとタイミングよく踏み込む練習をしてください。

今電車の中などで動けない方は、頭の中でイメージをわかしちゃってくださいね。

 

↓次のメソッド

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。