今週のてにす

こんにちは

今週もてにすをしまして

起こしいただいた方ありがとうございました 🙂

 

最近リズムにハマっていまして

リズムに体をハメることが

効率的に練習の効果を高める方法ではないのかという

 

 

気づきが一点。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、サーブについてがもう一点。

 

 

 

サーブも

ストロークやボレーのような提案の仕方をしたかったのですが

断念しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

けれど気づき。

 

 

 

 

 

 

サーブは

腰の動作

腕の振り

で成り立っていて

その割合を取れば

簡単に捉えることができるのではないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

サーブにとって大切なコントロール。

 

それをこの2点で納めることができていません。

 

 

 

 

 

腰の振りはボールに距離を出す動作

腕の振りはボールに・・・・

 

 

 

 

腕の振りって何・・。

 

 

 

 

 

コートにたたきつける動作。

 

なにが引っかかっているのか。

 

別にたたきつける必要がないから。

 

レベルによっては。

 

 

 

 

 

ということは

そもそも動作の前における前提として

 

 

 

世間一般で言われている良いサーブを打つ必要が無い。

 

 

 

ここが大切ではないのか

今思いました。

 

 

ふわふわのサーブで通用するのであれば

 

そこまで関節を連動させたサーブは必要ない。

 

 

 

もし相手にプレッシャーを与える速いサーブが必要であれば

腰の動きでスピードを出せばいい。

それで大きく奥へ外れてフォルトするのであれば

手の振り。たたきつける動作で納めてあげればいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーブはコントロールという大きな土台の範疇で

球威や球種を選んでいく物

 

ではないのか。

 

 

 

 

 

 

 

「サーブが入りません!」

 

「それは自分がコントロールできる範囲外の球威を選択しているからだよ!」

 

「どうやってコントロールをつけたらいいですか?」

 

「サーブをゆっくり打てばいいんじゃないだろうか」

 

「それだと叩かれるじゃないですか」

 

「確かに。だから”練習”するんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントロールできる速いサーブを。

 

 

 

 

良いお勉強になりました。

 

まぁただ自信がないというわけではなく

私の考えが間違っている可能性は大いにあります。

 

大切なことは、個人のプライドや意地や責任感ではなく

本当のことを伝えることにありますから

常に追求していきたい所存でございました。

 

 

みなさま明日から週末。

おたのしみください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. リズムへの実感

  2. 第20回 ゆるテニスの会金曜日ver(初級〜中級)【浮間公園】

  3. 第8回 ゆるテニスの会

  4. 第19回 ゆるテニスの会木曜日ver(初級〜中級)【赤塚公園】

  5. 第17回 ゆるテニスの会木曜日ver(初級〜中級)【赤塚公園】

  6. 第10回 ゆるテニスの会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。