骨ストレッチ

『誰でも速く走れる骨ストレッチ』著松村卓

を読みました。

 

やはり本質を求めたいので、そのような書籍は無いかなと探したうえで出会ったものです。

 

今からアウトプットします。

 

著者は、大切なことは筋肉ではなく骨だという

アプローチから構成されており

派生すればするほど覚えることが大変になる

道理に対して、非常にシンプルに解決策を提示しているものでした。

 

イラストなどが多いため興味を持ち始めたばかりの方におすすめできるものです。

 

例えば、骨ストレッチから派生して、それはどのような根拠に基づいて

と玄人の方は、少し物足りなさを感じるものでもあります。

 

 

 

 

当ブログでは、テニスを本質から逆算して考えるために

逆流した情報を掲載しているため

 

先ほどの道理から言うと、よりシンプルな考え方になります

 

ですので、そのような意味合いでは読んでよかったなと思える一冊でした

 

大体30分ぐらいで読み終わりました。(p191)

 

ただ、30分で知識をすべて定着できたのかと言われるとそうではないので

それ以降も付き合っていく書籍です。

 

 

 

 

 

 

ちなみにやぎはBOOKOFFさんで発見しましたので、もしかしたらあるかもしれませんね。

あと発行が2011年で著者は他にも出版してますから、そちらの方がデータとして新しいかと。

 

ただのアウトプットなので、「へー」と思っててください。

 

今後もこのようにアウトプットしていきます。

 

あと一冊読み終わってアウトプットしていない本がありまして

また進行形で読んでいる本があります。

 

それもまた。

 

では 😎

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一生疲れない「カラダ」の作り方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。