柔軟の心得

どうも、やぎです 😳

 

今から

”柔軟性の無いやぎが、柔軟の心得”を説きます。

 

毎度今後もそうですが

やぎの持ち味は思考力なので

そんな考え方もあるのだと

思っていただければと思います。

 

ただ今回は特に突飛な内容ではなく

「以外に気づいてなかった視点」だと思います。

 

さっそく行きましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔軟のとき、力を抜く

 

 

 

 

です!!!ドヤッ 😈

 

 

ちっ違います・・・もちろん続きが・・そんな軽蔑した目で見ないで・・・

 

 

 

 

 

 

 

これは前々から思っていたことで

分かりやすく例えを言いますね。

 

 

 

 

長座体前屈の状態をつくります

 

床に座って足を延ばし、手を足の方向へ伸ばす体勢ですね

 

 

っで、まぁカラダが固いと上手く身体を伸ばせないと思うのですが

このとき、なぜうまく伸ばせれないかを一度考えてみてください。

 

実はその答えが簡単で

 

 

もちろん筋肉の固さもそうですが

太ももやお腹など

 

長座体前屈の姿勢にするために、筋肉を使っていませんか?

 

 

 

ここであ~なるほどと

柔軟性をつけたいのに

自分でブロックしてしまっていたのだな

と気づくわけです。

 

 

 

これは、他の柔軟にも応用できることなので

ぜひ気にしてみてくださいね 🙄

 

あとやぎは、暇があれば肩甲骨と股関節をぐるぐる回しています。

みなさんも習慣づけて

怪我なくテニスをしてくださいね 💡

  • コメント: 0

関連記事

  1. 戦術編①

  2. HP完成!!!

  3. テニスのショートラリーで意識して頂きたいお話です。

  4. 2019/新年あけましておめでとうございます。

  5. テニスにおける回内のお話

  6. A/Bテスト中してみました

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。