テニスのダブルスで初心者でもある程度戦える戦術を3つご紹介

テニス初心者でも使えるダブルスの戦術3選

みなさんこんにちはやぎです 😎

今日は珍しく、ダブルスのお話をしたいと思います。

ダブルスの基本から、初中級ぐらいまで、ある程度戦える戦術までガッツリ記事にしてみます。

 

ダブルスって面白いですよね。

テニスは基本的に個人種目ですが、ダブルスはチームというか二人で出来ます。

団体競技には負けますが、チームプレイの美しさというか、楽しさというか

戦いの中での苦労や喜びを分かち合えるのも魅力のひとつ。

 

ただ初心者の方にとってみては

「前衛?後衛?」

「チェンジってなに!?」

「前衛めっちゃ動く必要性あるやないのぉ~」

と大変ですよね。

 

今日は本質から考えて本当に必要な動作や考え方も記載しますから

とにかく慌てず、なぜそんな行動をとらないといけないのかを考えて

明日のテニスに活かしてみてください 😀

 

テニスのダブルス難しい・・・覚えておきたい基本とは?

前衛の役割と後衛の役割とは

まずダブルスでは「前衛」と「後衛」がいます。

前衛は、”ポイントゲッター”で後衛は”ペースメイク”が役割です。

ポイントゲッターとはすなわち、ポイントを取る人で

ゲームメイクとはすなわち、ゲームをつくる人です。

 

後衛はラリーを続けることだけが仕事ではなく、相手の様子を見て

前衛がポイントを取れるように、ボールを集めてあげましょう。

 

また前衛は、後衛が作ってくれたチャンスを見逃さず積極的にボレーしていきます。

ボレーするにもそもそもの基本が大切です。焦らずにいきましょう。

二人でコートを守るには、配置のバランスを確認しよう

次の視点は相手側。

相手後衛にゲームを作られ、自陣後衛が動かされた場合、コートががら空きになってしまいますよね。

そんなとき前衛はどうしたら良いでしょうか?

また、前衛がボレーを打ちにいった際、後衛はポカーンと立っているのが正解なのでしょうか。

そして飛び出る謎の合言葉・・・

チェーーーーーーンジ

「むむむ??」

となります。

 

ギ〇ューさんによって蛙にされてしまうのではなく(ドラゴンボールより)

チェンジは左右の交代を指示する言葉です。

こんなことも踏まえて、ダブルスの「動き」を覚える上で気を付けなければいけないことは、

パターンで覚えないことです。

コーチが「今のは左に行かないと!」なんて言っても、コーチは試合会場に居てくれないので、自分で解決する能力が必要です。

ですのでそんなことも踏まえた、初心者から初中級ぐらいまで使えるお得な戦術を3つご紹介します。

初中級ぐらいまで使える知ってお得な戦術

まず大前提として基本通りにラリーをする

これはもうダブルスの基本というか絶対条件というか

例えばこの「ラリー力」で相手に勝ってるとします。

するとこちらがかなり有利です。

ただラリーを続けておけば勝てるのですから。

このベースを胸において試合をしてください。

よくあるパターンは、「ラリー力」が勝っているのに、変に勝負を仕掛けて負けてしまうパターンです。

もちろんカッコいい勝ち方や、本能的にやりたいプレーもあるかと思いますが

それはまず、試合に勝ってからでもいいでしょう。

またどんな大会でも決勝までこれば、良い試合になるものです。

奥の手はそのときに取っておきましょう。

 

また、ラリーを続けてくださいとは言っても、

普段の練習とは圧倒的に違う場面がそこにあります。それは、

前衛がいるので、

・視界が違う

・打つコースが制限される

・読み合いが始まる

この3点が普段の練習環境とは全く違います。ですので普段の練習、とくに斜めでラリーをする、クロスラリーの場面では、相手の前衛がいるような気持ちで、練習してみてください。

 

さて、次は「ラリー力」で負けている状態の話です。

こんなときはどんな戦術が考えられるでしょうか。

戦術とはリスク。だからこそポーチボレーで勝負しまくる

「ラリー力(=ストローク力)」で負けている場合、

戦術を使ってその部分を補いますが、基本的に戦術とはリスクです。

なぜなら、ラリー力で勝てるのであれば、それにこしたことがないからです。

その0リスクでは勝てないから、戦術というリスクを背負って、試合に勝ちに行きます。

 

このラリー力というのは、言葉だけでいうと簡単な響きですが、

例えば、相手前衛がリスクを背負ってボレーしてきたら、冷静に対処しないといけませんし

相手後衛に攻め込まれないよう深いボールを打たないといけませんし

平行陣(後衛もネット際まで進み、二人とも前衛でプレーすること)の場合は、足元を狙わないといけません。

様々な基本が詰まったこのラリー力は、上級者とて、日々鍛錬しなければいけないものですから、

基本的に戦術は必要になってきます。

 

そんなとき、やぎはこう言います。

んもうどんどんポーチボレーいっちゃいましょう!!

 

例えば、スクールの練習なら、ちょっと気を使ってポーチできない気持ちもわかりますが、

そもそもポーチボレーというのは、後衛がラリーしてて、それを前衛が阻むようにコート中央まで走って、ボレーすることです。今の説明だとクロスラリー前提みたいになってしまいますが、まぁ後衛同士のラリーを奪う的なボレーのことをいいます。

 

スクールだと「もうちょっとラリー続けたいんやけどなぁ」とかなってしまいそうですが、

外の試合だとガンガンいきましょう。その理由とは、

①初心者・初中級だと、ポーチボレーの対処に慣れてない

②相手にプレッシャーを与えることができる

です。

①では、相手がパッシングショットに慣れていないので、ポーチボレーが失敗したとしても、相手のミスを誘いやすい。バックアウトとかしてくれる。

パッシングショットとは、前衛と後衛がいて、後衛がいない細いサイドをショットで抜くボールです。

そして、一度成功でも失敗でもいいですから、ポーチボレーに入ってしまうと、相手の頭にはあなたの姿がチラつきます。こうなったらお得なもので、無理にリスクを背負って攻め込まなくても、

ポーチボレーのふりをしているだけで、自滅してくれることがよくあります。

 

後はポーチボレーに入る入らないで読み合いが始まりますから、なるべくリスクなく、相手を混乱させるだけです。

 

ダブル前衛の平行陣ではなく、ダブル後衛してみる

これはソフトテニスとかでよくあるパターンですが、それをやっちゃいましょう。

やり方は簡単で、どちらも後衛になるだけです。

 

ちょっとなんか見た目ださいかもしれませんが、初心者・初中級には効果てきめんで、

ミスを最低限防ぐ陣営がこれです。

 

そもそもなんで前衛が必要かと言うと、

ポイントゲッターなので、ポイントを取りやすいポジションを陣取るためですよね。

 

その前衛を捨てるということは

防御全振りということです。

とにかく守り抜く。これが、この陣営の強味です。

使いどころとしては、

まぁ絶対守り抜きたいゲームやポイントの際ですけど

3-4で相手がサービスゲームのときや、ポイントでいうと 30-30 30-40 などでしょうか。

 

 

 

 

 

今回も、土台から成長していくようなテニスのノウハウではなく

ポイントで抑えるようなテクニックでした。

 

やぎ自身は、根本から物事を考えたいタイプなので、

ポイントで抑えるようなテクニックはすぐ忘れちゃいますし、

やぎメソッドのブログでご紹介するようなことではありませんが、

やはり、根本だけ投げて、あとは成長するから!のスタンスは好き嫌いがありますから

やぎの引き出しを放出する感覚で、お話してみました。

 

とは言っても、やはり根本から考えたいタイプなので、元も子もないこと言って今回はお別れです。

皆様まだまだ暑いので、身体に気を付けてテニスしてくださいね 😈

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスの戦術の正解は、相手に勝てる戦術

それがテンプレ通りとは限らない

特に陣形は自由にいきましょう。

おしマイケル。

 

The following two tabs change content below.

yagi

立派な教師になることを夢見て2016年10月6日に上京。その後数ヶ月で全財産が11円になる。日払いで食いつなぐなか、「なぜ人は生きるのか」を追求していった結果、股関節と肩甲骨を軸にしたやぎメソッドを生み出す。現在は新たな夢のためゆるゆると日々奮闘している。
  • コメント: 0

関連記事

  1. テニス初心者が戦術について悩んだときに見るお話

    テニス初心者の方が試合にでたとき意識してほしい戦術のお話

  2. テニス初心者が2時間でラリーが続くようになる練習メニュー【PDF有】

  3. テニス初心者が知っておきたい柔軟の心得とはなんぞや

    テニス初心者へ届けたい柔軟の心得とは~ライター身体固いけどね編~

  4. 2019/新年あけましておめでとうございます。

  5. テニス初心者でも大丈夫な、運動神経についてのお話

    テニス初心者さん諦めないで!運動神経についてのお話

  6. テニスと身体のお話

    テニスと身体

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

閲覧数

  • 776月別訪問者数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 36昨日の訪問者数:
  • 5722総訪問者数:
  1. テニスのSEOとかWEBのお話

    テニススクールの未来、将来性について考察してみました。

    2019.09.14

  2. テニスのSEOとかWEBのお話

    ココナラミーツは時代の覇者になれるのか考察してみました。

    2019.09.14

  3. テニスフリー素材を無料配布しております。

    2019.09.13

  4. LINEスタンプ_やぎやぎ_発売してます

    2019.09.13

  5. テニスのSEOとかWEBのお話

    【順位報告】2019年8/1~8/31の検索順位報告~細かな作業したござる~

    2019.09.07

  6. 「相模原 テニススクール」と検索した画面

    『相模原 テニススクール』の検索結果に出てくるテニス教室8選まとめ

    2019.09.01

  7. 驕れ、テニス丸高校!の青春テニス小説

    【第2話】須斗郎久歩令、激昂

    2019.08.31

  8. 驕れ、テニス丸高校!の青春テニス小説

    【第1話】須斗郎久歩令、転校

    2019.08.24

  9. テニス初心者でも使えるダブルスの戦術3選

    テニスのダブルスで初心者でもある程度戦える戦術を3つご紹介

    2019.08.17

  10. テニスのSEOとかWEBのお話

    【順位報告】2019年7/1~7/31月の検索順位報告~主力記事爆誕~

    2019.08.09